【泣ける映画】「あの夏、いちばん静かな海。」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「あの夏、いちばん静かな海。」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『あの夏、いちばん静かな海。』は1991年公開の日本映画で、監督、脚本は『ソナチネ』や『アウトレイジ』の北野武です。夏の海辺を舞台に、聴覚障害者のある青年と少女の出会いと恋を描いています。出演は『探偵物語』の真木蔵人、大島弘子、河原さぶなど。久石譲が手がけたテーマ曲も切なく、魅力的です。ジャンルはラブストーリーになります。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 ごみ収集のアルバイトをしている青年の茂(真木蔵人)は、聴覚に障害を抱えていたが、同僚や友人からも愛されて生活していた。そんな彼は、ある日、仕事中に捨てられたサーフボードを見つける。海辺に住んでいたものの、今までサーフィンをしたことのなかった彼は、このサーフボードに興味を持ち、持ち帰って修理してみた。
 
 誰に教わるわけでもなく、自己流でボードを直した茂は、同じく聴覚に障害を抱えている恋人の貴子(大島弘子)を誘ってビーチへ出かけた。しかし、誰に手ほどきを受けたわけでもなく、まったくの自己流で波に乗ろうとする茂は、寄せてくる波にもみくちゃにされるだけだった。波乗りの常連で、いつもは一緒にサッカーをしている友人(小磯勝弥)は、突然サーフィンを始めた茂が晒す無様な姿を見て笑ったが、茂は、これにめげることなく、その後も挑戦を続けた。
 
 ところが、茂が何度も波乗りに挑戦するうちに、彼が修理したボードがついに折れてしまったことから、茂と貴子は海岸沿いにあるサーフショップを訪れた。すると、店長の中島(藤原稔三)が初心者にも扱いやすいボードを選んでくれたが、中古でも8万円もしたことから、手持ちがなかった茂は、次の給料日を待って新しいボードを手にした。
 
 中島のアドバイスもあり、茂は、しだいにサーフィンの腕が上達していく。そんな茂の姿を見た友人たちも、茂に続くようにサーフィンを始めるようになっていく。その後も、中島のアドバイスを受けながら練習を続けた茂は、やがて地元で開かれる大会にエントリーするまでに腕が上達する。
 
 しかし、聴覚に障害を持っていた彼は、自分の出番を伝えるアナウンスを聞き逃してしまい、エントリー資格を失って、出場を逃してしまうことになった。
 
 それでも茂はめげることなく、その後もサーフィンに打ち込み続けた。地元の常連サーファーたちにも受け入れられるようになり、日に日に腕を上げていった茂は、彼が待ち焦がれた二度目の大会にエントリーすることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 北野武
 

【出演俳優】

 
 真木蔵人
 大島弘子
 渡辺哲
 田山涼成
 森下能幸
 河原さぶ
 藤原稔三
 芹沢名人
 寺島進
 鍵本景子
 小磯勝弥
 石谷泰一
 窪田尚美
 松井俊雄
 大和田剛
 千原正子
 深谷朋民
 澤井革
 杉本達也
 
 
 

【動画】

 
★あの夏、いちばん静かな海。★【veoh.com】
★あの夏、いちばん静かな海。★【youku.com】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧