【泣ける映画】「ある戦争」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ある戦争」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ある戦争』は2016年に公開されたデンマーク映画のです。監督は『偽りなき者』や『光のほうへ』でシナリオを担当してきたトビアス・リンホルム。アフガニスタンを舞台にして、そこに駐留するデンマーク軍が誤って民間人が居住する地区を空爆したことから大きな葛藤を抱える様子を描いた人間ドラマです。出演は『ゴースト・イン・ザ・シェル』でバトー役を演じたピルー・アスベックなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 アフガニスタンに駐留し、武装組織から民間人を守るデンマークの国際治安支援部隊。その部隊長であるクラウス・ペダーソン(ピルー・アスベック)は国に妻と娘たちを残して戦地にやってきていた。
 
 クラウスは隊員達から慕われ、彼もまた部下を大切にしていたが、守るべき民間人と敵である武装組織との区別も曖昧なアフガンで、クラウスらは疲弊しきっていた。
 
 そんなある日、危険地帯を進む彼らは設置されていた爆弾で攻撃を受ける。さらに銃撃が加わり、クラウス達は応戦を開始する。
 
 砂煙で敵を視認できないなか、部下は首を撃たれ瀕死の重傷を負う。近くにあった建物に移動したクラウス達だったが、そのまま敵に囲まれてしまう。このままでは部隊そのものが全滅しかねないと判断したクラウスは、通信兵に航空支援を要請するように命じる。
 
 航空支援による爆撃は、周囲を巻き込む恐れがあり、敵を視認してからでないと行えないというルールがあった。
 
 しかし、クラウスははっきりと敵を視認しないまま、強引に爆撃を行うよう命じる。航空支援に加え、救護ヘリも到着し負傷した部下もなんとか一命を取り留める。そしてクラウスらもヘリでその場から脱出するのだった。
 
 命からがら帰還したクラウスだったが、突然起訴されることになる。彼が要請した爆撃は、子供を含む11人の民間人の命を奪っていたのだ。
 
 クラウスはガラリと変わった周囲の状況に動揺しながらも、弁明のため法廷に立つが、自分が要請した爆撃で子供が死亡したことが、しだいに彼の良心を蝕んでいくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 トビアス・リンホルム
 

【出演俳優】

 
 ピルー・アスベック
 シャルロット・ムンク
 ツヴァ・ノヴォトニー
 ダール・サリム
 ソーレン ・マリン
 
 
 

【動画】

 
★ある戦争★【gostream】
★ある戦争★【bmovies】
 
【字幕・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧