【泣ける映画】「あん」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「あん」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『あん』は、2015年に公開された日本の映画で、ドリアン助川が手がけた同名の小説を原作にして、長年にわたり差別をされ続けた元ハンセン病患者の老女が、尊厳と生きがいを失わずに必死に生きる姿を描いた人間ドラマです。監督と脚本は『萌の朱雀』や『光』で知られる河瀨直美。出演は、先日、惜しまれつつも亡くなった樹木希林、『パターソン』の永瀬正敏、『奇跡』の内田伽羅、他。人はなぜ生きるのかという根源的なテーマに深く切り込んだ感動作です。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 桜の木がある公園。そのそばに小さなどら焼き屋の「どら春」があった。雇われ店主の千太郎(永瀬正敏)は辛い過去を持ち、一人淡々と店を切り盛りしていた。
 
 彼は酒好きでどら焼きには興味がなく、あんも業務用のものをそのまま使っていた。店の近くには学校があり、生徒のわかな(内田伽羅)も客としてやってくるが評判はイマイチだった。
 
 そんなある日、店先に貼ってあった求人の張り紙を見て一人の老婆、徳江(樹木希林)が訪ねてくる。77歳だという彼女は、ここで働きたいという。なんでも徳江は50年以上あんを作っており、その出来には自信があるそうだった。
 
 千太郎はそんなおばあちゃんを雇っても仕方がないと断るが徳江は食い下がり、最後には持参したあんを置いていくのだった。
 
 千太郎は徳江が作ったあんを一口食べて驚く。それは業務用のあんとは全くの別物、これまでにないほど美味しいあんだったのだ。
 
 千太郎は徳江を呼び戻し、雇わせて欲しいと頼む。そして翌日から徳江はどら春のあんを担当することになるのだった。
 
 徳江のあんは豆一つ一つに声をかけて作られ、愛情が込められていた。甘いものが好きでない千太郎もついつい食べてしまう。
 
 そして徳江があんを手がけるようになってからどら春のどら焼きは評判を呼ぶ。これまでできたことのなかった行列ができ、店は忙しくなった。
 
 千太郎はあんだけでなく他の作業も手伝ってもらうことにし、近所でも評判となった「どら春」を二人で切り盛りしていくことになるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 河瀨直美
 

【出演俳優】

 
 樹木希林
 永瀬正敏
 高橋咲樹
 竹内海羽
 水野美紀
 太賀
 市原悦子
 内田伽羅
 浅田美代子
 兼松若人
 村田優吏愛
 
 
 

【動画】

 
★あん★【k-vid】
★あん★【openload】
★あん★【streamango】
★あん★【streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧