【泣ける映画】「いま、会いにゆきます」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「いま、会いにゆきます」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「いま、会いにゆきます」は、2004年公開された日本映画。市川拓司の人気小説を映画化し、妻に先立たれたある父子が、再び妻と出会い、ひと時を過ごすという奇妙な体験を感動的に描いたファンタジードラマ。監督は『ビリギャル』や『ハナミズキ』を手掛けた土井裕泰です。出演は『ストロベリーナイト』の竹内結子、『日本で一番悪い奴ら』の中村獅童、『ぼくとママの黄色い自転車』の武井証、他。主題歌の「花」もおススメ!

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 秋穂巧(中村獅童)は、妻の澪(竹内結子)と息子の佑司(武井証)と3人で暮らしていた。しかし、ある日、澪は病気を患い、そのまま亡くなってしまうことになる。
 
 自らの死期を悟った彼女は、巧と祐司に「雨の季節になったら帰ってくる」と言い残していた。巧には、それが何を意味しているのか、まったくわからずにいた。一方、祐司は、澪が雨の季節になったら戻ってくるのだと、母の言葉を信じていた。
 
 それから約1年が経過し、澪が亡くなってから最初の雨の季節がやって来る。
 
 すると、彼女の言い残した通り、雨の中、突然、二人の前に、亡くなったはずの澪が姿を現したのだった。しかし、澪は、記憶をなくしており、巧と夫婦であると言うことも覚えていなかった。
 
 巧は、澪に自分たちが家族だったこと、どのように惹かれ合い、結ばれたのかについて打ち明けていく。祐司は、澪が亡くなる前に、一緒に埋めたタイムカプセルを掘り起こし、その中から巧と澪の古い手紙と日記を見つける。この手紙と日記を読んだ澪は、自分がこの短い雨の季節しか、この世にいられないことを知る。
 
 そんな彼女は、祐司に寂しい思いをさせたくないと考え、自分が消えてしまった後でも、祐司の誕生日をお祝いしたいと考え、とあるケーキ屋を訪れ、祐司が18歳になるまでの12年分のバースデイケーキを予約する。
 
 そして、やがて雨の季節は終わりを迎え、巧と澪そして祐司も、それぞれ言葉にしないながらも、別れが近いことを感じていた…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 土井裕泰
 

【出演俳優】

 
 竹内結子
 中村獅童
 武井証
 金子健一郎
 川村虹太
 田中千鶴子
 森田正光
 美山加恋
 岡田浩暉
 浅利陽介
 平岡祐太
 大塚ちひろ
 市川実日子
 田中圭
 豊島由佳梨
 半海一晃
 中村嘉葎雄
 小日向文世
 YOU
 松尾スズキ
 阿佐見麻代
 小清水一揮
 足立雄介
 兎本有紀
 松宮裕
 小林千恵
 
 
 

【動画】

 
★いま、会いにゆきます★【k-vid】
★いま、会いにゆきます★【mp4up】
★いま、会いにゆきます★【youku】
★いま、会いにゆきます★【openload】
★いま、会いにゆきます★【pandora】
★いま、会いにゆきます★【streamango】
★いま、会いにゆきます★【pandora1】【2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧