【泣ける映画】「うさぎドロップ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「うさぎドロップ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『うさぎドロップ』は、2011年公開の日本映画です。宇仁田ゆみの漫画作品を映像化したもので、平凡な独身サラリーマンが突然現れた祖父の幼い隠し子を預かり、仕事との両立に葛藤しながらも信頼関係を築いていく姿を描いた人間ドラマ。監督、脚本は『蟹工船』のSABUで、出演は『聖の青春』の松山ケンイチ、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の芦田愛菜、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 27歳になる会社員の河地大吉(松山ケンイチ)は、特に変わったところもない独身の平凡なサラリーマンであった。
 
 そんなある日、祖父の葬儀に出かけた大吉は、葬儀に出席している親戚の中に、見知らぬ少女のりん(芦田愛菜)に目が留まることになる。6歳だというりんは、なんと亡くなった祖父の隠し子だったのだ。いわくつきともいえるその生まれから、親族一同に疎まれてしまったりんは、身よりもなく、そのまま施設に預けられようとしていた。
 
 その話を聞いた大吉は、咄嗟に、大人の身勝手で彼女に寂しい思いをさせるのは良くないと猛反対する。彼自身、子供が好きなわけでもなかったが、その場の勢いもあって、「自分が責任をもって育てる」と集まった親族を前に啖呵を切ってしまう。
 
 こうして、大吉は自分と21歳も年が離れた幼い叔母のりんと二人で暮らし始めることになる。
 
 大吉の母(風吹ジュン)と父(中村梅雀)は、息子に育児ができるのかと心配していたが、保育士である妹のカズミ(桐谷美玲)の助けを受けながら、りんを保育園に通わせることにした。
 
 あちこち奔走したうえで、やっとの事で受け入れてくれる保育園を見つけた大吉であったが、りんが保育園に通い始めると今度は仕事との兼ね合いで、彼女の送り迎えに四苦八苦することになる。
 
 責任をもって育てると親族一同に宣言した手前、途中でりんの世話を放棄することもできず、困り果てた大吉は、会社の同僚であるのユキ(池脇千鶴)の助言を得て、会社に異動願いを出すことに成功する。こうして残業の少ない部署に移った大吉は、りんとの時間を過ごすようになる。
 
 ところが、大吉がりんに対し精一杯気を使っているつもりでも、子供を持ったことがない大吉との共同生活は、彼女にとって少なからずストレスが溜まる日々でもあった。そんな彼女は、ある日、おねしょをしてしまう。恥ずかしさから大量の汗をかいただけだと言い張るりんを前にして、大吉は、どう接してよいかわからず、再び困り果てることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 SABU
 

【出演俳優】

 
 松山ケンイチ
 香里奈
 芦田愛菜
 風吹ジュン
 二代目中村梅雀
 キタキマユ
 綾野剛
 木村了
 桐谷美玲
 佐藤瑠生亮
 高畑淳子
 池脇千鶴
 
 
 

【動画】

 
★うさぎドロップ★【streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧