【泣ける映画】「うしろの正面だあれ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「うしろの正面だあれ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「うしろの正面だあれ」は、1991年に公開された日本のアニメ映画。太平洋戦争中、東京大空襲によって家族を失ったひとりの少女が、悲しみを乗り越え自立していく姿を描いた人間ドラマ。監督は「ライヤンツーリーのうた」の有原誠治。声の出演は、「オバケのQ太郎」シリーズの三輪勝恵、「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズの若本規夫、「ドラゴンボール」シリーズの野沢雅子、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 太平洋戦争開始直前の昭和15年。現在の東京墨田区に位置する東京本所区で暮らす8歳になる中根かよ子(声:三輪勝恵)は、五代目となる父親の営む釣竿店で働く両親と祖母、3人の兄に囲まれて幸せな日々を送っていた。
 
 しかし、かよ子に弟が生まれた昭和16年12月8日、日本は真珠湾攻撃によってアメリカに宣戦布告し、太平洋戦争へと突入することになる。
 
 このころから、東京の街では、家族が若い男たちを戦場へと送り出す光景が頻繁にみられるようになる。
 
 東京上空にはアメリカの爆撃機B29が頻繁に飛来するようになった昭和19年の6月、空襲の難を避けるため、かよ子はひとりで沼津に住む伯母の下に疎開することになる。
 
 昭和20年3月9日。疎開をしたかよ子は、伯母の家から箱根の山脈の向こうの空が真っ赤に染まる様子を目にしていた。
 
 数日後、かよ子は、沼津の伯母の家を訪れた兄の喜三郎(声:野沢雅子)から、この日の空襲で両親と祖母、そして二人の兄弟の全員が亡くなったことを告げられる。
 
 その後、東京に戻ったかよ子は、焼け野原となった、かつての自宅跡で、家族の遺品となる思い出の品の残骸を拾い集めるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 有原誠治
 

【出演俳優】

 
 三輪勝恵
 若本規夫
 池田昌子
 海老名泰孝
 佐々木望
 野沢雅子
 柳沢三千代
 沼波輝枝
 
 
 

【動画】

 
★うしろの正面だあれ★【nico】
★うしろの正面だあれ★【youtube】
★うしろの正面だあれ★【youtube】
★うしろの正面だあれ★【nico1】【2】【3】【4】【5】【6】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧