【泣ける映画】「おくりびと」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「おくりびと」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『おくりびと』は2008年に公開された日本映画です。主演を務める本木雅弘が故人を棺に納める日々を綴った『納棺夫日記』を読み、それを基に作られたオリジナルストーリーで、ひょんなことから亡くなった人の遺体を棺に納める「納棺師」の職を選んだある男性が、多くの別れの場面を通じて出会った人々や上司との触れ合いの中で成長していく姿を描いた人間ドラマです。監督は『バッテリー』や『釣りキチ三平』の滝田洋二郎で、共演は、広末涼子、吉行和子、山崎努、笹野高史などです。重くなりがちなテーマでありながら、思わずクスっと笑えるような場面もあるハートフルな人間ドラマになっています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 小林大悟(本木雅弘)は、東京の楽団でチェロを演奏するプロのチェリスト。そんな彼は、ウェブデザイナーである妻の美香(広末涼子)とともに、東京で何不自由なく暮らしていた。
 
 ところが、そんなある日、突然、大悟が所属する楽団が解散することになる。このまま音楽を続けることは難しいと判断した大悟は、いったん実家がある山形に移り住むことを決める。
 
 大悟は、新聞の求人欄に、「旅のお手伝い」というコピーを見つける。彼は旅行代理店の求人だと思い、その他の項目にある「高収入」や「実働時間わずか」に惹かれ面接を受けることにした。
 
 大悟を面接したNKエージェントの社長、佐々木(山崎努)は履歴書をロクに読まず、「ウチでどっぷり働ける?」とだけ聞く。面食らった大悟は頷くと採用が決まり、早速名刺が作られることになった。しかし、仕事内容は旅行とは何の関係もなく、故人を棺に納める「納棺師」の仕事だった。
 
 図らずも、あの世への旅をお手伝いすることになった大悟。帰宅してから美香に詳細を聞かれても「冠婚葬祭関係」としか答えられなかった。
 
 翌日から出社した大悟は、納棺を解説するムービー撮影に巻き込まれ遺体役を演じることになる。しかし、その後、死後二週間が経過した老婆の遺体処理に同行し、納棺師の厳しさを実感する。その一方で、大悟は亡くなった人の最後を見届ける納棺師の仕事に誇りを感じ始めていた。
 
 ところが、やがて大悟の再就職先が周囲に知られることになり、かつての同級生である山下(杉本哲太)からは「もっとまともな仕事に就け」と言われ、美香にも「そんな汚らわしい仕事はやめて」と言われ、周囲からは大反対を受けることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 滝田洋二郎
 

【出演俳優】

 
 本木雅弘
 広末涼子
 山崎努
 橘ユキコ
 吉行和子
 笹野高史
 余貴美子
 杉本哲太
 峰岸徹
 山田辰夫
 
 
 

【動画】

 
★おくりびと★【vidzi】
★おくりびと★【entervid】
★おくりびと★【openload】
★おくりびと★【mp4upload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧