【泣ける映画】「アポロ13」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「アポロ13」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「アポロ13」は、1995年に公開されたアメリカ映画です。1969年7月16日に打ち上げられたアポロ11号から1972年4月16日のアポロ16号に至るアメリカの月面探査ミッションの中で、唯一月面に着陸できなかったアポロ13号の不運と、奇跡を起こすために宇宙船のクルーやNASAのスタッフたちが奮闘する姿を描いた人間ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1969年7月20日、ニール・アームストロング以下3名のクルーを乗せたアポロ11号は、人類初の月面着陸を果たす。そして、これに続くアポロ12号も、無事に月面着陸を果たし、全米を湧き立たせた。
 
 しかし、二度に及ぶ月面着陸の成功は、しだいにアメリカ国民の関心を引かなくなり、アポロ計画はマスメディアにもしだいに飽きられてきていた。
 
 そんな中、ベテランパイロットのジム・ラヴェル(トム・ハンクス)は、当初、キャプテンとしてアポロ14号のに乗る予定であった。
 
 しかし、アポロ13号のクルーが発病をしたため、急きょ、彼は13号のキャプテンとして月面着陸のミッションをこなすことになる。
 
 ところが、ジムの飛行チームに所属する着陸船操縦士ケン・マッティングリー(ゲイリー・シニーズ)が、医療チームから風疹の疑いがあるとされ、予備要員であったジャック・スワイガート(ケヴィン・ベーコン)が正規のクルーに選任されることになる。
 
 こうして、1970年 4月11日、アポロ13号を載せたサターンVロケットが地上から発射される。途中、5基あるエンジンのうち一つに不調が生じたものの、無事、大気圏を脱出し、月面探査船とのドッキングにも成功する。
 
 その後、無重力状態の宇宙船の中で、3人のクルーたちは、国民向けのテレビ中継を行ったが、この時、興味を失っていた全国ネットのテレビ局は、いずれも彼らの中継を放送することはなかった。
 
 ところが、テレビ中継を終えた直後、NASAの管制司令部から指示を受けたジャックが、酸素の残量を正確に読み取るために攪拌をしたところ、宇宙船内に大きな爆発音を伴う激しい衝撃が走り、宇宙船は、その制御が著しく困難な状態に陥ってしまう。
 
 宇宙船内にある液体酸素が急激に減少していく中、主席管制官であるジーン・クランツ(エド・ハリス)率いるNASAの管制司令部は原因の究明と対応に当たる。しかし、解決の目途が立たないことから、ついにジーンは、クルーたちに対して、月面着陸のミッションを断念することを命じる。
 
 しかし、この時、ジムたちは、もはや地球に帰還することすらも非常に困難な状態に陥っていた…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ロン・ハワード
 

【出演俳優】

 
 トム・ハンクス
 ケヴィン・ベーコン
 ビル・パクストン
 ゲイリー・シニーズ
 エド・ハリス
 キャスリーン・クインラン
 ローレン・ディーン
 トレイシー・ライナー
 
 
 

【動画】

 
★アポロ13★【fmovies】
 
【吹替・nico】
【吹替・vidia】
【吹替・mixdrop】
【吹替・mixdrop】
【吹替・upstream】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧