【泣ける映画】「エヴェレスト 神々の山嶺」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「エヴェレスト 神々の山嶺」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『エヴェレスト 神々の山嶺』は、2016年に公開された日本の映画です。監督は『必死剣鳥刺し』の平山秀幸。夢枕獏の小説『神々の山嶺』を原作にして、世界で最も高い山「エヴェレスト」に魅せられたふたりの男性と、ふたりを待つ女性の姿を描いたアドベンチャー、人間ドラマです。『関ヶ原』の岡田准一、『祈りの幕が下りる時』の阿部寛、『いつまた、君と』の尾野真千子など豪華キャストが揃っています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1993年のネパール、カトマンズ。深町誠(岡田准一)はカメラマン兼クライマーで、エヴェレストへの登頂に失敗し失意に暮れていた。
 
 登頂クルーにカメラマンとして参加した彼は、その後写真集の出版を約束されていた。
 
 しかし、その山中で事故が起こり、2名のクルーが死亡。写真集の出版は白紙になってしまうのだった。
 
 カトマンズの露店を歩いていた深町は、とあるカメラに目を止める。それは1924年に初めてエヴェレストに登頂されたと言われるジョージ・リー・マロリーが持っていたカメラと同じモデル。
 
 深町は値段を聞き、150ドルでそれを買うことに。しかしすぐにそのカメラが盗品であることがわかり、取り上げられてしまう。
 
 深町からカメラを取り上げた男は現地人に紛れていたが羽生丈二(阿部寛)、日本人だった。それだけでなく羽生は優れたクライマーであり、深町も彼の存在を知っていた。そんな羽生は7年前、消息が分からなくなったきり。
 
 日本へ帰った深町は彼に興味を持ち調べて見ることに。編集者の宮川(ピエール瀧)は、山で死んだはずだと言いながらも手伝ってくれるのだった。
 
 そして、かつて共に山に挑んだ仲間、井上真紀夫(甲本雅裕)から話を聞く。井上曰く、羽生は身体的に恵まれ天才的な山登りのテクニックを持っていたが人としては最低だという。
  
 実際に1968年には国内の難所と言われる山々を立て続けに登りつめ、注目された存在だった。
 
 宮川は、もし羽生が本当に生きているとすればネタになると考え、深町へ再びカトマンズへ発つように指示を出すことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 平山秀幸
 

【出演俳優】

 
 岡田准一
 阿部寛
 尾野真千子
 ピエール瀧
 甲本雅裕
 風間俊介
 テインレィ・ロンドゥップ
 佐々木蔵之介
 山中崇
 
 
 

【動画】

 
★エヴェレスト 神々の山嶺★【eyny】
★エヴェレスト 神々の山嶺★【vidzi】
★エヴェレスト 神々の山嶺★【estream】
★エヴェレスト 神々の山嶺★【daily①】【②】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧