【泣ける映画】「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』は、1988年公開のスウェーデン映画で、監督は『砂漠でサーモン・フィッシング』や『HACHI 約束の犬』を手掛けたラッセ・ハルストレムです。1950年代終わりのスウェーデンを舞台に、海辺の町で暮らす少年が大人になっていく様を描いた青春ドラマです。出演はアントン・グランセリウス、メリンダ・キンナマンなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 スウェーデンの小さな海辺の町で暮らす12歳のイングマル(アントン・グランセリウス)は、ある日、あずまやで夜空を見上げながら自らに起きた出来事を星に語って聞かせていた。
 
 イングマルは、パパが南洋航海へと出かけたまま行方が分からなくなっており、兄のエリク(マンフレド・セルナル)にはいじめられ、ママ(アンキ・リデン)に、自分が不器用であることを嘆かれていた。こんな不遇な状況の中、イングマルは、それでも自分の悲惨さなんて、ロケットに乗せられ世界で初めての宇宙旅行生物となったライカ犬に比べれば、まだマシだと思っていた。そんな彼の唯一の楽しみは、愛犬のシッカンと遊ぶことであった。
 
 ところが、彼のパパの行方が分からなくなってからしばらく経った頃から、これまで気丈に振る舞っていたママも、徐々に体調を崩し始め、やがて彼女が結核を患っていることが判明する。結局、ママは、そのまま入院することになり、兄のエリクは祖母の下で暮らし、イングマルは叔父のグンネル(トーマス・フォン・ブレム)の下で暮らすことになり、シッカンは保育所の世話になることになった。
 
 イングマルの叔父グンネルは、大きなガラス工場のそばにあるオーフェルシュ村で暮らしていた。この村に引っ越してきたイングマルは、都会では見たことのないような子供たちと出会い、この子供達の厳しい洗礼を受けることになる。中でも村の子供達を束ねるガキ大将的存在のサガ(メリンダ・キンナマン)の印象は強烈だった。サガは、サッカーやボクシングで活躍し、隅で見ていたイングマルを誘った。
 
 やがて、イングマルは、サガが少年ではなく少女であることを知ることになる。サガは、イングマルのことが気になり始めていたが、うまく彼にアプローチできず、サッカーの試合中に激しく当たるなど、彼女の気持ちは空回りしていたのだった。
 
 そして、この年の夏、イングマルは久しぶりにエリクやママと再会する。ママは調子が良さそうだったが、イングマルにとってはこれが彼女との最後の会話になってしまう。
 
 やがて冬が訪れ、グンネルの家にはギリシア人一家が間借りしにやって来て、イングマルは、グンネルに頼まれ、彼の部屋をこのギリシア人一家に明け渡すことになる。近くに住む祖母と一緒に暮らすよう頼まれたイングマルがシッカンと一緒ならいいと言い出した時、シッカンが殺処分されたことを叔父から聞かされることになる。
 
 母親を奪われ、友達を奪われ、いま自分の唯一の居場所であった部屋までも奪われようとしていたイングマルは、ついに悲しみと怒りが爆発し、あずまやに閉じこもってしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ラッセ・ハルストレム
 

【出演俳優】

 
 アントン・グランセリウス
 メリンダ・キンナマン
 トーマス・フォン・ブレムセン
 レンナット・ユールストレム
 マンフレド・セルナル
 アンキ・リデン
 
 
 

【動画】

 
★マイライフ・アズ・ア・ドッグ★【veoh】
 
【吹替・fc2】
【吹替・youtube】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧