【泣ける映画】「悼む人」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「悼む人」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「悼む人」は、2015年に公開された日本の映画。直木賞を受賞した天童荒太の同名の小説を映像化した作品で、何の縁もない死者を「悼む」ため、全国を行脚するひとりの青年と、かつて夫を殺したひとりの女性とが織りなす物語を描いた人間ドラマ。監督は「イニシエーション・ラブ」や「明日の記憶」を手がけた堤幸彦。出演は、「万引き家族」の高良健吾、「コーヒーが冷めないうちに」の石田ゆり子、「菊とギロチン」の井浦新、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 蒔野抗太郎(椎名桔平)は週刊誌の記者。彼が扱うのはもっぱら残忍な事件や男女の愛憎が絡んだ低俗な記事ばかり。蒔野はエロくてグロい仕事ばかりすることから、いつしか「エグノ」と影であだ名をつけられていた。
 
 彼はネタ集めのために個人でサイトを立ち上げ、そこで全国から投稿を募っていた。サイトには凄惨な事件や卑猥な実体験が多く寄せられている。
 
 兄が弟を轢き殺したという事故現場を取材していた蒔野は突然現れた青年、坂築静人(高良健吾)と出会う。
 
 坂築は落ち着き払った様子で、そこで亡くなった被害者を葬い始める。その様子を見ていた蒔野は何かの宗教家と訝しむのだった。
 
 彼は幼い頃父に捨てられ、そのせいで母を亡くしていた。その仕事ぶりは、人は生まれながらに悪人であるという蒔野の考えを物語っていた。
 
 見ず知らずの他人を悼むなんて気がしれないと思い、蒔野は坂築についての情報を集め始める。
 
 サイトで目撃情報を求めると各地の事故現場に坂築が現れていたことがわかる。坂築の母、巡子(大竹しのぶ)は末期の胃がんを患いながらも息子の帰りを待っていた。
 
 父の鷹彦(平田満)は対人恐怖症で日常生活が困難だった。妹、美汐(貫地谷しほり)は妊娠し、婚約までしていたが坂築の奇行が原因で破談になってしまう。
 
 一方、奈義倖世(石田ゆり子)は、夫殺しの罪で4年の刑期を務め上げて出所して来た。
 
 彼女は、DVで苦しむ女性達のシェルターを営み、世間からは生き仏のように尊敬されていた夫の甲水朔也(井浦新)を殺していた。行く当てもなく、身寄りもない彼女は、二度と訪れるまいと決めていた東北のとある町を訪れる。
 
 そして夫の殺害現場に足を踏み入れた彼女は、そこで静かに死者を悼む静人の姿を目にすることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 堤幸彦
 

【出演俳優】

 
 高良健吾
 石田ゆり子
 井浦新
 貫地谷しほり
 山本裕典
 眞島秀和
 大後寿々花
 佐戸井けん太
 甲本雅裕
 堂珍嘉邦
 大島蓉子
 麻生祐未
 山崎一
 上條恒彦
 戸田恵子
 秋山菜津子
 平田満
 椎名桔平
 大竹しのぶ
 
 
 

【動画】

 
★悼む人★【openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧