【泣ける映画】「明日の記憶」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「明日の記憶」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『明日の記憶』は2006年公開の日本映画で。監督は『真田十勇士』や『イニシエーション・ラブ』の堤幸彦で、脚本には『四日間の奇蹟』の砂本量が参加しています。荻原浩の小説を映像化したもので、若年性アルツハイマー病を患ったある男性と彼の痛みや喪失感を理解し、彼を支える妻の姿を通じて、夫婦の情愛を優しく描いた人間ドラマです。出演は渡辺謙、樋口可南子、坂口憲二など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 佐伯雅行(渡辺謙)は、今年50歳になる営業マンであった。広告代理店に勤める彼は、部下を抱えながらも、自身が手掛けるプロジェクトを力強く進めていた。一方、家庭でも、妻の枝実子(樋口可南子)と娘の梨恵(吹石一恵)に囲まれ、娘の梨恵は交際相手の伊東直也(坂口憲二)との結婚を控え、雅行は穏やかな幸せを噛み締めていた。
 
 ところが、そんなある日、彼は体調不良を感じるようになる。これまでなかった頭痛に悩まされ、部下の名前や仕事に関わる固有名詞が突然頭から抜け落ちてしまうのだった。一体何の病気なのか、不安を覚えた雅行は医学書を読み漁る。そんな雅行の姿を枝実子は影で見守っていたが、ある時、同じシェービングクリームを続けて何個も購入して来たことをきっかけにして、病院で詳しく診てもらうことに。
 
 病院では医師の安藤(袴田吉彦)が症状を聞き、雅行は簡単なテストを受ける。健常者であれば回答できるはずのテストに思うように答えられない雅行。安藤の若さもあり、徐々に苛立ってしまう。しかし、彼の口から告げられた診断は「若年性アルツハイマーの疑いあり」というもの。雅行は強い不安感に苛まれ、激昂してしまう。
 
 安藤は雅行に自分の父もアルツハイマーで亡くなったことを明かし、病気に向き合うことを勧める。こうして雅行は枝実子とともに闘病生活を送ることになる。初めは病気を隠しながら出勤していた雅行だったが、部下である生野啓子(水川あさみ)らは、彼の異変に気付いていた。そして、上層部に彼の病気のことが知られると、雅行は退職を強く促されることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 堤幸彦
 

【出演俳優】

 
 渡辺謙
 樋口可南子
 渡辺えり
 香川照之
 大滝秀治
 坂口憲二
 田辺誠一
 袴田吉彦
 及川光博
 遠藤憲一
 木野花
 吹石一恵
 水川あさみ
 市川勇
 松村邦洋
 及川光博
 遠藤憲一
 木野花
 MCU
 木梨憲武
 
 
 

【動画】

 
★明日の記憶★【tudou】
★明日の記憶★【tudou】
 
★明日の記憶★【1】【2】【3】【4】【5】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧