【泣ける映画】「永遠のこどもたち」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「永遠のこどもたち」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『永遠のこどもたち』は、2008年に公開されたスペインとメキシコの合作映画で、スペインにある孤児院を舞台にして、ある日、忽然と消えてしまった我が子を想う母親の深い愛情をサスペンスフルに描いた人間ドラマです。監督はスペイン出身のフアン・アントニオ・バヨナ、プロデューサーとして『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロが名を連ねています。出演は、『エンドレス・ウォー』のベレン・ルエダ、『暴走車 ランナウェイ・カー』、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 スペイン北部に位置するアストゥリアス州。目印となる灯台の近くに「よき羊飼い」という孤児院があった。
 
 そこでは、男女合わせて6人の子供達が暮らし、今日も仲良く遊んでいた。
 
 その中の一人、ラウラという名前の少女は、他の子供達より早く引き取り手が見つかり、孤児院を去ることになる。
 
 それから30年後。ラウラ(ベレン・ルエダ)は37歳になり、カルロス(フェルナンド・カヨ)との結婚生活を送っていた。
 
 彼女は閉鎖されてしまった「よき羊飼い」をカルロスとともに立て直すため屋敷ごと買い取る。
 
 ラウラは孤児院で過ごした日々を覚えており、何か恩返しができないかと考えていたのだ。
 
 しかし、屋敷を買い取ったものの、目印だった灯台は役目を終え、あたりは夜になると暗闇に包まれていく。
 
 ラウラとカルロスの間には子供がなく、7歳になるシモン(ロジェ・プリンセプ)を養子として養っていた。
 
 医師であるカルロスは、表向きシモンが実子であるかのように振る舞う。三人は買い取った屋敷で生活するため引っ越すことに。
 
 以前からシモンはワトソンとペペという空想の中の友人と会話をしており、引っ越しをしてからは新しい空想の友達と遊ぶようになる。
 
 そんなシモンの姿を見て、ラウラは漠然とした不安を抱えるようになっていた。
 
 ところが、この数日後、ラウラが孤児院の入園者希望者を集めたパーティーを開いた席で、シモンが彼女の気を惹こうと騒いだことから、彼女はシモンを叱りつけた。
 
 すると、その後、シモンは忽然と姿を消してしまい、彼の行方が分からないまま、半年の月日が経過してしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 J.A.バヨナ
 

【出演俳優】

 
 ベレン・ルエダ
 エルガー・ビバル
 ジェラルディン・チャップリン
 フェルナンド・カヨ
 モンセラット・カルージャ
 アンドレス・ヘルトルディス
 ロジェ・プリンセプ
 マベル・リベラ
 
 
 

【動画】

 
★永遠のこどもたち★【fmovies】
 
【字幕・fc2】
【吹替・nico1】【2】【3】【4】【5】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧