【泣ける映画】「海がきこえる」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「海がきこえる」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『海がきこえる』は、1993年公開の日本のアニメ映画。氷室冴子の同名小説をスタジオジブリがアニメ化した作品で、監督は『きまぐれオレンジロード』の望月智充です。高知市を舞台に、高校生たちの青春を描いた作品です。声の出演は飛田展男、坂本洋子、関俊彦、荒木香恵など。ノスタルジーなタッチが魅力的な青春ドラマになります。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 杜崎拓(声:飛田展男)は、四国の高知県で中学高校生活を過ごし、東京の大学へと進学していた。大学に入学するための手続きやら引っ越しやらがひと段落いたころ、拓は帰省するべく高知行きの飛行機に乗っていた。
  
 そんな中で、彼は地元で開かれるクラス会のハガキを見ながら、かつて同級生だった武藤里伽子(声:坂本洋子)のこと、そして彼女と過ごしたある夏のことを思い出していた。
 
 拓が中学三年生だった頃。予定されていた修学旅行が学校の都合で一方的に中止になり、三年生の生徒の間では、学校に対する不満が高まっていた。そんな折、拓は今まで話したことのなかった松野豊(声:関俊彦)と出会うことになる。彼は、物静かな性格でありながらも自分の意見をしっかりと持っているタイプだった。意気投合したふたりは、やがて親友と呼べる仲になっていく。
 
 それから2年後、高校二年生になった拓は、豊と同じ高校へと進み、ともに高校生活を楽しんでいた。そんなある日、両親の離婚をきっかけに東京からやって来た里伽子が拓の高校へと編入してくる。里伽子は成績がよく、スポーツも万能であるばかりか、容姿やファッション感覚にも優れていたことから、すぐに学校内で注目されるようになっていった。
 
 東京から高知まで引っ越してきたということもあってか、進んで地元の生徒たちに馴染もうとしない里伽子に、目立つ容姿も相まって、地元の生徒たちからは反感を買ったり、敬遠されたりするようになっていた。
 
 そんな中、豊は、里伽子に惹かれるものを感じたこともあり、彼女に親切に接していた。それを見た拓は、豊が自分から離れていってしまわないか心配すると同時に、豊の魅力が突然東京からやって来た里伽子に分かってたまるかという屈折した思いを抱えていた。
 
 そしてこの年の夏。修学旅行でハワイへ行った拓たちであったが、そんな中、拓は、滞在先のホテルで現金をなくしたという里伽子に6万円を貸してあげることになった。しかし、拓は、このまま里伽子に貸した6万円を返してもらえないまま、高校三年生へと進学し、拓と里伽子、そして豊は同じクラスなる。
 
 そして迎えたこの年のゴールデンウィーク。拓は、彼の人生の記憶に残るような思いがけない経験をすることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 望月智充
 

【出演声優】

 
 飛田展男
 坂本洋子
 有本欽隆
 さとうあい
 渡部猛
 関俊彦
 荒木香恵
 
 
 

【動画】

 
★海がきこえる★【eyny】
★海がきこえる★【eyny】
★海がきこえる★【vidstream】
★海がきこえる★【openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧