【泣ける映画】「涙そうそう」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「涙そうそう」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『涙そうそう』は2006年公開の日本映画です。森山良子のヒットソングをタイトルに、兄妹の絆を描きます。監督は『いま、会いにゆきます』で評価を受けた土井裕泰。沖縄を舞台にし、ストーリーに引き込まれていくなかでじんわりと泣ける良作です。出演は『家族はつらいよ』の妻夫木聡、『50回目のファーストキス』の長澤まさみです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 沖縄本島。新垣洋太郎(妻夫木聡)は自分の店を持とうと、市場や居酒屋で昼も夜もなく働いていた。
 
 洋太郎には医師を目指す恋人の稲嶺恵子(麻生久美子)がおり、彼を応援していた。そして洋太郎には血の繋がらない妹、カオル(長澤まさみ)がいた。
 
 彼が8歳の時、母の光江(小泉今日子)が金城昭嘉(中村達也)と再婚し連れ子のカオルがやってきたのだ。
 
 だが光江は病気でこの世を去り、金城も蒸発したことで2人の家族は祖母のミト(平良とみ)だけとなっていた。
 
 カオルはミトとともに生まれ育った離島に残っていたが、琉球大学を目指すため本島へやってくる。彼女は洋太郎の家へ居候する形になり、久しぶりの共同生活が始まる。
 
 カオルは恵子ともすぐに仲良くなったが、恵子は2人の仲の良さに少々妬いていた。カオルがやってきて間も無く、洋太郎はついに店の開店資金を貯める。
 
 洋太郎は居酒屋「なんくる」を仲間たちと協力して手作りで完成させることに。そして念願の開店日、初めてのお客だと思った人物はなんと店が建つ土地の権利者だという。
 
 洋太郎はそこで初めて自分が騙されていたことに気づく。店はあっという間に取り壊され、彼は反対に借金を背負うことになってしまう。
 
 そして返済のため働き漬けの日々に戻った洋太郎を恵子の父、義郎(橋爪功)が訪ねてくる。
 
 洋太郎は義郎から金を渡され、娘と別れてほしいと告げられる。洋太郎は金を突き返したものの、恵子との関係は、これをきっかけにしてこじれ、ふたりは別れてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 土井裕泰
 

【出演俳優】

 
 妻夫木聡
 長澤まさみ
 大森南朋
 船越英一郎
 橋爪功
 中村達也
 平良とみ
 麻生久美子
 塚本高史
 森下愛子
 小泉今日子
 
 
 

【動画】

 
★涙そうそう★【eyny】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧