【泣ける映画】「犬と私の10の約束」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「犬と私の10の約束」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『犬と私の10の約束』は、2008年に公開された日本の映画です。監督は『超高速!参勤交代』などを手がけるヒットメーカーの本木克英で、作者不明のまま世界中に広まった英文の詩、『犬の10戒』をベースにして、一匹のゴールデン・レトリバーが、ヒロインの少女と過ごす10年間を描いた動物ドラマです。出演は『葛城事件』の田中麗奈、『それでもボクはやってない』の加瀬亮、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 北海道の函館。そこで暮らす少女、斉藤あかり(福田麻由子)は母の芙美子(高島礼子)と大学病院で医師を務める父、祐一(豊川悦司)との三人家族。あかりは一人っ子ながら、暖かな両親に囲まれ幸せに育っていった。
 
 そんなある日、斉藤家の庭に一匹のゴールデン・レトリバーが現れる。あかりは迷い犬だと思い保護し、足先が白いことからソックスと名付けるのだった。
 
 ソックスとの生活が始まって間もなく、芙美子は突然体調を崩し倒れてしまう。祐一がいる大学病院に運ばれ検査を受けた結果、余命がわずかであることがわかる。
 
 そして芙美子はあかりに、犬と過ごす上で忘れてはならない10のルールを教えてくれる。それは「私と気長につきあってください」ではじまり、「私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください」で終わる、あかりにとって忘れられない思い出となる詩だった。
 
 日常生活が困難になった芙美子に付き添い、あかりはソックスとよく海岸へ散歩に出かけた。
 
 そこで芙美子は自分がいなくなっても風になってあかりを守り続けると言う。そして二人と一匹は写真を撮ることに。それが親子二人の最後の思い出となるのだった。
 
 芙美子の死後、あかりは塞ぎ込み食べ物も喉を通らなくなってしまう。そんなときもソックスは寄り添い、彼女の心を温めた。
 
 あかりには星進(佐藤祥太)という幼馴染がいた。彼は音楽家の家庭に生まれ、幼い頃からクラシックギターの練習を重ねてきた。
 
 やがて、あかりは祐一の転勤をきっかけに札幌へ引っ越すことになり、ソックスを進に預けてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 本木克英
 

【出演俳優】

 
 田中麗奈
 加瀬亮
 福田麻由子
 佐藤祥太
 池脇千鶴
 相築あきこ
 布施明
 ピエール瀧
 大沢あかね
 海老瀬はな
 藤井美菜
 笹野高史
 高島礼子
 豊川悦司
 
 
 

【動画】

 
★犬と私の10の約束★【fc2.com】
★犬と私の10の約束★【veoh.com】
 
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧