【泣ける映画】「疾走」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「疾走」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『疾走』は、2005年公開の日本映画です。監督は『蟹工船』や『うさぎドロップ』で知られるSABU。重松清の小説を原作にして、中学生の少年が抱える孤独や恋愛感情など、大人に成長し得ていく過程で抱える葛藤などを丁寧に描いた青春、ロードムービーです。主演を務めるのはNEWSの手越祐也、共演に『菊とギロチン』や『誰も知らない』など高い評価を受ける韓英恵、『繕い裁つ人』の中谷美紀など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 とある干拓地。そこは古くから続く農家が暮らす「浜」と干拓によって陸地となった「沖」に分けられていた。二つの集落は交流がなく、「浜」に住む人々は「沖」に住む人々を見下していた。
 
 シュウジ(手越祐也)は「浜」で生まれ育った中学生。彼には優秀な兄、シュウイチ(柄本佑)と父(菅田俊)と母(高橋ひとみ)がいた。
 
 学年トップの成績だった兄は、「沖」の人々はもちろん、両親のことも見下していた。
 
 しかし高校に上がったシュウイチは平均点以下の成績しか取れなくなってしまう。これまで王様のように振舞ってきた彼のプライドは傷つけられ、なんと「沖」の家々に放火してしまう。
 
 こうして彼は少年院に送られることになる。一転して一家は犯罪者扱いされるようになり、シュウジはイジメに遭う。そして父は金を持って逃げ、母は借金を作りどこかへ消えてしまう。
 
 シュウジには幼馴染の女子、エリ(韓英恵)がいた。彼女は幼い頃に両親を亡くし、親戚の家で暮らしていた。
 
 足が速く陸上の才能があった彼女であったが、ある日、交通事故に遭い走ることができなくなってしまう。
 
 「沖」が再開発されることになり、彼女は東京の学校へ転向するのだった。再開発に反発していた教会の神父、宮原(豊川悦司)は人を殺したと噂されていた。
 
 そんな中、かつて「沖」で暮らしていたチンピラの情婦、アカネ(中谷美紀)が数年ぶりに戻ってくる。
 
 小学生以来、数年ぶりにアカネと再会したシュウジは、自らの性の目覚めを感じ始めていた…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 SABU
 

【出演俳優】

 
 手越祐也
 韓英恵
 中谷美紀
 豊川悦司
 大杉漣
 寺島進
 加瀬亮
 菅田俊
 高橋ひとみ
 柄本佑
 田山涼成
 鈴木一真
 矢沢心
 平泉成
 
 
 

【動画】

 
★疾走★【veoh】
★疾走★【openload】
★疾走★【openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧