【泣ける映画】「硫黄島からの手紙」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「硫黄島からの手紙」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『硫黄島からの手紙』は、2006年に公開されたアメリカの映画です。監督をクリント・イーストウッドが務め、太平洋戦争で、最も過酷な激戦と言われる硫黄島の戦いを描いた共同プロジェクトです。アメリカ軍の視点から描かれた『父親たちの星条旗』と対になっている作品で、本作では、日本軍に属する兵士たちが、圧倒的な兵力の差があるアメリカ軍に対し、果敢に戦いを挑む姿を描いた戦争ドラマです。出演は渡辺謙、二宮和也、加瀬亮、中村獅童など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 2005年、小笠原諸島の南端にある硫黄島から埋められた大量の手紙が発見される。それはかつて、島に残され戦った男達が家族に宛てたものだった。
 
 1944年、6月。陸軍一等兵である西郷昇(二宮和也)は来る日も来る日も穴を掘らされ根を上げていた。彼らは米兵との戦闘に備え塹壕を掘らされていたのだ。日々戦況が悪化する中、硫黄島を落とされるわけにはいかなかった。
 
 そんなある日、硫黄島に小笠原方面の指揮官として小笠原兵団第109師団の陸軍中将、栗林忠道(渡辺謙)が派遣されてくる。
 
 別の上官がやってくるはずだったが辞退したため、変わり者と言われる栗林が任されることに。軍部の中では硫黄島へ行くことは自殺行為と揶揄されていた。
 
 塹壕堀にうんざりした西郷は、仲間達と「こんな島、アメリカにくれてやれ」とぼやいてしまう。それが上官にも聞こえてしまい、西郷たちはムチ打ちの刑に処されてしまう。
 
 そこに現れた栗林はムチ打ちをやめさせるように命じ、「良い上官は頭も使わなくては」と諭す。彼は塹壕堀で兵士たちを疲弊させることが無駄であると考えていた。
 
 アメリカへ留学していた栗林は、まともに戦争をすれば日本が敵わないことをよく知っていた。
 
 栗林は島の様子を視察し終え、作戦司令部で海軍大尉の伊藤(中村獅童)に連携を取らないかと申し入れる。しかし劣勢にあっても海軍は陸軍とは組もうとせず、拒否されてしまう。
 
 そこで、彼は陸軍だけで硫黄島を守り切ろうと作戦を練っていくのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 クリント・イーストウッド
 

【出演俳優】

 
 渡辺謙
 二宮和也
 裕木奈江
 中村獅童
 伊原剛志
 加瀬亮
 
 
 

【動画】

 
★硫黄島からの手紙・動画【fmovies】★
 
【字幕・fc2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧