【泣ける映画】「英国王のスピーチ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「英国王のスピーチ」の動画を見る方法!


 
 
 

【映画の概要】

 
 『英国王のスピーチ』は、2011年公開のイギリス・オーストラリア映画です。イギリス王室を舞台にして、エリザベス2世の父親であるジョージ6世の葛藤を成長を描いた人間ドラマです。吃音を持ち、内気な王が国民のためのスピーチに挑む姿を主演のコリン・ファースが演じています。監督は『リリーのすべて』や『レ・ミゼラブル』など、評価の高い話題作を手がけているトム・フーパー、『オーシャンズ8』のヘレナ・ボナム=カーター、『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』のジェフリー・ラッシュ、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 イギリスの王室で育ったジョージ6世(コリン・ファース)は、厳格な父であるジョージ5世(マイケル・ガンボン)に育てられはいたものの、とても内気な性格で人前に出るのが苦手であった。幼い頃から吃音、どもりを抱えていたジョージ6世は、人前で言葉が詰まってしまうのをひどく嫌い、なるべく人と話すことを避けるようになっていた。
 
 古き時代の王室であれば、人前で話さなくとも、悠然と馬にまたがっていれば、国民に対して威厳を示すことは可能であった。しかし、国民の間にもラジオが普及するようになると、しだいに国民たちは「王のスピーチ」を求めるようになっていく。
 
 このような時代背景もあり、王位継承者でもあるジョージ6世に対し、彼の厳格な父は、容赦なく、彼にスピーチを命じた。しかし、人前で堂々と話さなければならないというプレッシャーは彼に重くのしかかり、このプレッシャーが返って彼のどもりを誘発するという悪循環に陥っていた。
 
 現代においても詳細なことが明らかになっていないドモリのメカニズムは、この時代、ほとんど原因が究明されていないに等しく、ジョージは、妻のエリザベス妃(ヘレナ・ボナム=カーター)に伴われて、幾人もの言語聴覚士の治療を受けたものの、一向に、その症状が改善することはなかった。
 
 そんなある日、エリザベスは、スピーチのコーチングを行っているライオネル・ローグ(ジェフリー・ラッシュ)の噂を聞きつけて彼の下を訪れ、これをきっかけにして、ジョージ6世がライオネルの下に通う日々が始まることになる。
 
 ライオネルは、治療を引き受ける条件として、ジョージ6世に対し、診察室では平等であると宣言し、互いに愛称で呼び合い、ヘビースモーカーであるジョージに禁煙を求めた。しかも、彼のコーチングに入るための事前のテストにおいては、大音量の流れるヘッドホンを着けたままシェイクスピアを朗読するという非常に奇妙なものであったことから、ジョージは、ライオネルに対し、彼との相性も、彼が行う治療法も、自分には合わないと告げ、ライオネルの部屋を後にした。
 
 しかし、その後、ジョージは、クリスマスに行われたラジオのスピーチに失敗し、失意の中で、ライオネルから渡されたテープを聞いて衝撃を受けることになる。ジョージが、大音量の流れるヘッドホンを着け、まったく自分の声が聞こえない状態で行ったシェイクスピアの朗読は、最後まで一度も詰まることなく、実にスムーズに朗読がなされていたのだった。
 
 このことに驚いたジョージは、その後、ライオネルの下に通い、彼のユニークなレッスンを受けるようになるのだが、その後も、彼の演説嫌いの克服には、多くの障害が立ちはだかることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 トム・フーパー
 

【出演俳優】

 
 コリン・ファース
 ジェフリー・ラッシュ
 ジェニファー・エール
 マイケル・ガンボン
 ティモシー・スポール
 デレク・ジャコビ
 ヘレナ・ボナム=カーター
 ガイ・ピアース
 
 
 

【動画】

 
★英国王のスピーチ★【fmovies】
 
【吹替・openload】

【吹替・clipwatch】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧