【泣ける映画】「BOX 袴田事件 命とは」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「BOX 袴田事件 命とは」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『BOX 袴田事件 命とは』は、2010年に公開された日本映画です。『光の雨』などで知られる高橋伴明監督が映像化した作品で、1966年に静岡県清水市で実際に起こった冤罪事件をもとにして、強盗放火殺人事件の容疑者として死刑が確定した元ボクサーの男性と、彼に死刑判決を下した裁判官の苦悩を描いた社会はドラマです。『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の新井浩文が元ボクサーの男を演じ、高く評価されています。萩原聖人、岸部一徳、保阪尚希らが出演。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1966年、6月30日。静岡県清水市にある味噌工場から出火する事故が発生した。ところが、火が消し止められると建物からは一家四人の刺殺体が発見され、警察は殺人事件として捜査を始めることになる。
 
 そして、捜査に当たった刑事の立松(石橋凌)は、従業員として働いていた袴田巌(新井浩文)に目をつける。工場は家族経営で、刺殺した上で放火するには深い怨恨があるのではないかと踏んでいた。
 
 それは、被害者のひとりで、工場の専務でもある橋口雄一郎(柿澤司)は柔道二段の腕前あったことから、橋口を刺殺できるのは格闘技経験者くらいしかいないと考えられた。袴田は、元プロボクサーで、しかも逃げた妻が抱えた借金を背負っていたことから、彼が容疑者の筆頭に挙げられることになる。
 
 そして、立松は、一度袴田を逮捕するも、証拠不十分で釈放となるが、警察は粘りに粘り、再び袴田を逮捕。その後、立松や松本刑事(ダンカン)による壮絶な取り調べが始まるのだった。
 
 拘留期限のギリギリまで追い詰められた袴田はついに自白し、起訴されることになり、奇しくも袴田と同い年である裁判官、熊本典道(萩原聖人)は事件の主任判事を務めることになる。
 
 第1回公判が開かれると、袴田は一貫して無罪を主張する。彼の姿勢に違和感を覚えた熊本は、彼の調書を見返していく。すると、袴田の供述が二転三転する不自然な箇所が多数見つかることになる。
 
 犯行に及んだ動機が毎日のように変遷している中、立松ら取り調べに関与した刑事たちが何人も法廷で証言するものの、決め手となる証拠が出ないまま裁判は長期化することになる。
 
 ところが、裁判開始から1年以上が経過した昭和42年9月13日、法廷に新証拠が提出され、裁判は大きく動き出すことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 高橋伴明
 

【出演俳優】

 
 萩原聖人
 新井浩文
 葉月里緒奈
 村野武範
 保阪尚希
 ダンカン
 須賀貴匡
 中村優子
 雛形あきこ
 大杉漣
 國村隼
 志村東吾
 吉村実子
 岸部一徳
 塩見三省
 石橋凌
 
 
 

【動画】

 
★BOX 袴田事件 命とは★【pandora】
★BOX 袴田事件 命とは★【gooddrama】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧