【泣ける映画】「かもめ食堂」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「かもめ食堂」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『かもめ食堂』は、2006年に公開された日本の映画です。監督は『彼らが本気で編むときは、』や『レンタネコ』を手がけた荻上直子。群ようこの小説を原作にして、フィンランドを舞台にして、遥か遠い北欧の国で食堂を営む日本の女性たちのスローライフを描いた人間ドラマです。出演は『海よりもまだ深く』の小林聡美、『勝手にふるえてろ』の片桐はいりなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 フィンランド、ヘルシンキ。ある夏の日、一軒の食堂がオープンする。店の名前は「かもめ食堂」、日本人のサチエ(小林聡美)が店主だった。
 
 彼女はシンプルで美味しい料理を楽しんで欲しいと考え、メニューはおにぎりだけにしていた。店内をきれいに掃除し、食器も磨き上げていたがなかなかお客さんが来ない。
 
 しかし、そんなある日、日本が好きだという地元の青年、トンミ(ヤルッコ・ニエミ)がやってくる。
 
 この日の夕方、サトミは近所の書店で『ムーミン谷の夏まつり』を睨みつけているミドリ(片桐はいり)と出会う。
 
 ヘルシンキは初めてだというミドリに縁を感じたサトミは、彼女を「かもめ食堂」に招くことに。そのままミドリはサトミの家に泊まり、翌日から店を手伝うことになるが、まだやって来るお客といえばトンミだけ。
 
 しかし、少しずつ地元の人たちにも「かもめ食堂」は知られていき、来店したリーサ(タリア・マルクス)とともにサトミたちは酒を飲み交わす。
 
 その後、ひとりのおじさんマッティ(マルック・ペルトラ)がふらりとやってきたと思えば、コーヒーを入れるコツだけサトミに伝え、そのまま去っていった。実はマッティはリーサの元夫だったのだ。
 
 そんな中、なんと「かもめ食堂」からコーヒーメーカーが盗まれてしまう。犯人はマッティで、備え付けのコーヒーメーカーは彼のもの。彼はかつてこの場所でカフェを経営していたのだ。
 
 犯人が判明したことで無事に騒動も収まり、しだいに店には地元の人々が訪れるようになっていくことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
荻上直子
 

【出演俳優】

 
 小林聡美
 ヤルッコ・ニエミ
 片桐はいり
 タリア・マルクス
 もたいまさこ
 マルック・ペルトラ
 
 
 

【動画】

 
★かもめ食堂★【veoh】
★かもめ食堂★【veoh】
★かもめ食堂★【pandora1】【2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧