【泣ける映画】「きいろいゾウ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「きいろいゾウ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『きいろいゾウ』は、2013年に公開された日本の映画です。『サラバ!』などで知られる小説家、西加奈子の作品を原作にして、出会って間もなく結婚した男女が、一通の手紙をきっかけにして、すれ違いを重ねながらも、その絆を深めていく姿を描いたラブストーリーです。監督は『ママレード・ボーイ』や『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一です。出演は宮崎あおい、向井理、緒川たまき、リリー・フランキー、柄本明など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 三重県の片田舎。とある家で暮らす、ツマこと妻利愛子(宮崎あおい)とムコこと無辜歩(向井理)。ムコは作家を目指して活動中で、昼は老人ホームで働いていた。ツマは周囲の生き物たちの声が聞こえるという特殊な退屈だった。
 
 家の周りは自然が豊かで、あらゆる生き物たちと共に暮らしていた。
 
 ある日、風呂釜にカニが入り込んだまま湯を沸かしてしまい、二人はカニを埋葬してあげるのだった。
 
 近所に住むおじいさん、荒地(柄本明)は妻のセイカ(松原智恵子)が痴呆になってしまったと嘆く。彼はココアをかけた豆腐を食べさせられたと言い、ツマとムコを呆れさせる。
 
 ツマは不登校の男の子、大地(濱田龍臣)と知り合う。大地は国語の授業で「姉さん」をあねさんと読んでしまい、バカにされるのが嫌で学校に行かないという。
 
 そんな中、ムコ宛に差出人の書かれていない手紙が届く。ムコはなぜか手紙を読もうとせず、ツマはそのことで感情が不安定になってしまう。
 
 ムコは海に誘い、彼女をなだめようと幼い頃自殺してしまった叔母の話をする。
 
 話を聞いたツマは、ムコの抱える想いを受け止め老人ホームのイベントに出る彼を見守るのだった。
 
 だがムコはホームで担当していた患者の死をきっかけにひどく落ち込んでしまう。そればかりか過去に交際していた女性のことを引きずり始め、ツマは再び不安定に。
 
 そしてムコ宛に出された手紙の差出人が明らかになる。それはかつての恋人の夫、夏目(リリー・フランキー)で手紙には「妻を助けてください」と書かれていた。
 
 これを読んだムコは、妻を残し、単身東京へ向かうのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 廣木隆一
 

【出演俳優】

 
 宮崎あおい
 向井理
 本田望結
 緒川たまき
 リリー・フランキー
 松原智恵子
 柄本明
 濱田龍臣
 浅見姫香
 大杉漣
 柄本佑
 安藤サクラ
 高良健吾
 
 
 

【動画】

 
★きいろいゾウ★【pandora】
★きいろいゾウ★【vidoza】
★きいろいゾウ★【daily1】★きいろいゾウ★【2】★きいろいゾウ★【3】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧