【泣ける映画】「きっと、星のせいじゃない。」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「きっと、星のせいじゃない。」の動画を見る方法!


 
 
 

【映画の概要】

 2015年公開のアメリカ映画です。監督は『ハッピーエンドが書けるまで』のジョシュ・ブーン。ジョン・グリーンの小説『さよならを待つふたりのために』を原作した物語で、末期ガンの女性と、骨肉腫のため片足を失った男性との恋を描いています。出演はシャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーンなど。純愛好きに勧めたいラブ・ストーリーです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 ヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は、女子大生。彼女は13歳の頃にガンを発症し、症状の悪化に伴い、酸素ボンベが手放せない生活が続いていた。しばらく家と病院を往復するだけの生活が続いていたが、彼女はとても聡明な女性だった。
 
 そんなある日、ヘイゼルはハンディキャップを持つ患者たちのグループ・ミーティングに参加してみないかと誘われる。あまり気乗りがしなかったヘイゼルであったが、母親に薦められるままにミーティングに参加した際に、彼女は運命の出会いを果たす。そこで出会ったのは、骨肉腫を患い、右足を膝下から失った青年ガス(アンセル・エルゴート)であった。
 
 ふたりは出会ってすぐにお互いを意識し始め、グループでの交流が終わると、ガスは彼女ともっと話したいとヘイゼルを自宅に招き、さらに多くを語り合った。そして、ふたりは別れ際にお互いに好きな小説を読むことを決め、ヘイゼルはヴァンホーテン(ウィレム・デフォー)によって書かれたお気に入りの本をガスに薦めた。
 
 こうして、ガスはヴァンホーテンの本を読み進めていったが、この本のラストは途切れたように締められており、そのことについて、ふたりは話し合うことになる。
 
 以前、ヘイゼルも、ガスと同様に本のラストが気になってヴァンホーテンにメールをしたことがあったが、彼からの返事は届かなかった。
 
 ところが、彼女と同じように本のラストが気になったガスは、ヴァンホーテンの秘書にメールをすることで、彼からの返信を受け取ることに成功する。そして、彼からの返信には、「オランダを訪問した際には、ぜひ、遊びに来てください。」と綴られていた。
 
 大好きな作家からのメールに、ヘイゼルは、狂喜乱舞し、オランダに行きたい旨を母親のフラニー(ローラ・ダーン)に伝えたが、フラニーは顔を曇らせる。ヘイゼルの治療費を工面してきたフラニーには、オランダへの渡航費をねん出することが難しかったのだ。
 
 オランダ行きを反対され、落胆していたヘイゼルであったが、そんな彼女に思わぬ吉報が入ることになる。それは、ガスからの思いもよらぬプレゼントであった…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ジョシュ・ブーン
 

【出演俳優】

 シャイリーン・ウッドリー
 アンセル・エルゴート
 ローラ・ダーン
 ランディ・コヴィッツ
 トニ・サルダナ
 ウィレム・デフォー
 ロッテ・ファービーク
 アナ・デラ・クルス
 サム・トラメル
 ナット・ウルフ
 
 
 

【動画】

★きっと、星のせいじゃない。★【fmovies】
★きっと、星のせいじゃない。★【xmovies8】
 
【字幕・zstream】
【吹替・zstream】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧