【泣ける映画】「きみに読む物語」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「きみに読む物語」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『きみに読む物語』は2005年公開のアメリカ映画です。監督は『私の中のあなた』や『ジョンQ 最後の決断』を手がけたニック・カサヴェテスです。ニコラス・スパークスの同名小説を映画化した作品で、生まれの違う男女が恋に落ちていく姿を描いたラブストーリーです。出演は『ブレードランナー 2049』のライアン・ゴズリング、ドクター・ストレンジの『レイチェル・マクアダムス』など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 現代のアメリカ。とある老人ホームで暮らす認知症の女性患者(ジーナ・ローランズ)。
 
 彼女は若い時の記憶を失っていたが、同じホームのデューク(ジェームズ・ガーナー)から「ノアとアリーの恋愛物語」を読んでもらっていた。
 
 時は遡り、1940年代。南部の田舎町へ休暇にやってきた17歳の少女、アリー・ハミルトン(レチェル・マクアダムス)。
 
 アリーは裕福な家の生まれで、両親から愛され大切に育てられてきた。
 
 ある日、アリーは材木屋で働くノア・カルフーン(ライアン・ゴズリング)と出会う。
 
 ノアはアリーの可愛さに一目惚れし、なんとかデートをしようと躍起になる。彼は観覧車によじ登り、約束を取り付けるのだった。
 
 2人は初めてのデート終え、次第に惹かれ合っていく。
 
 だがアリーは交際相手になって良いかは親が決めるのだと言い、ノアを戸惑わせる。
 
 ノアには父のフランク(サム・シェパード)に向けて詩を朗読する習慣があった。
 
 アリーがなぜかと尋ねると、幼い頃ひどい吃音に悩まされていたが朗読をすることで克服できたのだと明かす。
 
 そんななか、アリーの父ジョン(デヴィッド・ソーントン)はノアの存在を知り、自宅に招待したいと提案する。
 
 こうしてノアは家に招かれ、夕食を共にするも自分が育ってきた環境との差を強く感じてしまう。
 
 そればかりかジョンはアリーに卒業後はニューヨークの大学へ進んで欲しいと進路について話す。
 
 アリーの両親は2人の恋をひと夏のものと考え、強引にでも区切りをつけようとしていたのだ…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ニック・カサヴェテス
 

【出演俳優】

 
 レイチェル・マクアダムス
 ライアン・ゴズリング
 ジェームズ・マースデン
 サム・シェパード
 ジェームズ・ガーナー
 ジーナ・ローランズ
 ジョアン・アレン
 
 
 

【動画】

 
★きみに読む物語★【putlocker】
 
【吹替・9tsu】
【吹替・vidoza.net】
【吹替・streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧