【泣ける映画】「この世界の片隅に」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「この世界の片隅に」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「この世界の片隅に」は、2016年に公開された日本のアニメ映画。こうの史代の同名のコミックを「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。太平洋戦争中の広島県呉市を舞台にして、呉の町に嫁いだひとりの少女が、戦禍が激しくなる中で、ひたむきに生きていく姿を描いた人間ドラマ。声の出演は、「海月姫」の能年玲奈、「宇宙戦艦ヤマト2202」シリーズの細谷佳正、「ペンギン・ハイウェイ」の潘めぐみ、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 太平洋戦争で日本の敗戦色が強くなってきたころ、18歳になるすず(声:能年玲奈)に、幼少時代の彼女に一目ぼれをしたという青年との縁談の話が持ち上がる。
 
 兄と妹との間で、のんびりとした性格の彼女は、相手のこともよく知らず、よいとも悪いとも判断できないままに話はどんどん進み、昭和19年2月、彼女は生まれ育った広島市を離れ、当時、日本最大の軍港があった広島県の呉市に嫁としてやってくる。
 
 この頃の呉市は、軍港の町として栄えており、そんな中、彼女は海軍の事務方として勤務する北條周作(声:細谷佳正)の妻となり、彼の実家に嫁ぐことになった。
 
 周作の父、円太郎(声:牛山茂)と母のサン(声:新谷真弓)は、とてもやさしく彼女に接してくれるが、嫁入り後、夫と死別して実家に戻ってきた義理の姉である黒村径子(声:尾身美詞)は、気ぜわしい性格で、おっとりとしたすずに対し、いつも小言をいう日々を送っていた。
 
 これまで、実家ではのんびりと絵をかいていたすずであったが、嫁入り後は主婦として一家を支えることンあり、食料が乏しい中、あれこれと工夫をして日々の食事作りに奔走していた。
 
 しかし、昭和20年に入ると、日本本土の空襲が激しくなり、日本有数の軍港町である呉は、連日アメリカ軍による激しい空襲に晒されることになる。
 
 連日連夜に及ぶ激しい空襲は、すずが大切にしていものをひとつまたひとつと奪っていった。
 
 そんな中でも、すずはひたむきに毎日を送っていたが、この年の夏、彼女が生涯忘れることができない出来事が広島で発生することに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 片渕須直
 

【出演俳優】

 
 能年玲奈
 尾身美詞
 細谷佳正
 稲葉菜月
 牛山茂
 新谷真弓
 小野大輔
 岩井七世
 潘めぐみ
 小山剛志
 津田真澄
 京田尚子
 佐々木望
 塩田朋子
 瀬田ひろ美
 たちばなことね
 世弥きくよ
 渋谷天外
 
 
 

【動画】

 
★この世界の片隅に★【fembed】
★この世界の片隅に★【b9good】
★この世界の片隅に★【vstream】
 
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧