【泣ける映画】「この世界の片隅に」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「この世界の片隅に」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『この世界の片隅に』は、2016年公開の日本のアニメ映画です。漫画家「こうの史代」の作品を映像化したもので、広島、呉を舞台に平凡な少女が戦争に翻弄されていく様を実直に描いた戦争ドラマです。監督と脚本は『魔女の宅急便』で演出補を務めていた片渕須直。声の出演は、『海月姫』の能年玲奈、『心が叫びたがってるんだ。(2015)』の細谷佳正、『劇場版 フリクリ オルタナ」』の新谷真弓、他。クラウドファウンディングで制作費を募ったことでも話題になりました。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 昭和19年の広島市、江波。のんびりとした性格の少女すず(声:のん)は、江波の町でのびのびと暮らし成長していた。妹のすみ(声:潘めぐみ)と兄の要一(声:大森夏向)と一緒に、自然豊かな環境の中で暮らしていた。
 
 すずは、幼い頃から絵を描くのが大好きで、鉛筆と紙を片手に、彼女が気になったものをスケッチすることがよくあった。小学生になった頃には、すずは、同級生である哲(声:小野大輔)の代わりに、学校の課題の絵を書いてあげることもあった。
 
 そんなすずが18歳になった頃。彼女の実家に北條周作(声:細谷佳正)と名乗る青年とその父親の円太郎(声:牛山茂)が訪ねてくる。
 
 すずは、周作に見覚えがなかったが、彼の話では、幼い頃に一度だけ遊んだことがあると言うことであった。
 
 すると、周作は、唐突に自分と結婚して欲しいと彼女に申し出る。すずは、突然のプロポーズに戸惑いつつも、周作がとても誠実そうな人柄であったこと、そして、すずの父親である十郎(声:小山剛志)の勧めもあったことから、周作の下に嫁ぐことにした。
 
 こうして、「北条すず」となった彼女は、それまで慣れ親しんだ浪江を離れ、浪江の町から20キロも離れた呉の町に移り住むことになる。生まれ故郷を遠く離れ、少し心細い気持ちを抱えていたすずであったが、周作の母親であるサン(声:新谷真弓)にも迎えられ、すずは、呉の町での一家を支える主婦としての新しい生活を始めることになる。
 
 少し抜けたところのあるすずは、時々失敗をすることがあったものの、食料物資が少ない中でも家族全員の食事を丹精込めて作っていた。しかし、その一方で軍艦を多く抱える呉の町で、すずは、戦争が静かに近づいて生きていることを肌で感じていた…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 片渕須直
 

【出演声優】

 
 能年玲奈
 尾身美詞
 細谷佳正
 稲葉菜月
 牛山茂
 新谷真弓
 小野大輔
 岩井七世
 潘めぐみ
 小山剛志
 津田真澄
 京田尚子
 佐々木望
 塩田朋子
 瀬田ひろ美
 たちばなことね
 世弥きくよ
 渋谷天外
 
 
 

【動画】

 
★この世界の片隅に★【openload】
★この世界の片隅に★【vstream】
★この世界の片隅に★【xstream】
★この世界の片隅に★【rapidvideo】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧