【泣ける映画】「この国の空」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「この国の空」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『この国の空』は、2015年に公開された日本の映画です。監督は『海を感じる時』や『幼な子われらに生まれ』で脚本を担当した荒井晴彦。高井有一が手がけた同名の小説をもとに、終戦間近の東京を舞台にして、19歳になるひとりの少女と、妻子を疎開させたひとりの中年男性との禁断の恋を描いたラブ・ストーリーです。出演は『リバーズ・エッジ』の二階堂ふみ、『シン・ゴジラ』の長谷川博己、『リミッツ・オブ・コントロール』の工藤夕貴など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1945年、東京。19歳の田口里子(二階堂ふみ)は母親の蔦江(工藤夕貴)とともに杉並にある一軒家で暮らしていた。
 
 長引く戦争で貧しい家も多いなか、二人は父が残した遺産のおかげで飢えることはなかった。里子は町内で事務仕事をしていたが、近所でも疎開する人が増え人影はまばらになっていく。
 
 そんなある日、大雨が降り防空壕が水浸しになってしまう。困り果てた里子と蔦江に声をかけたのは、隣に暮らす市毛孟男(長谷川博己)だった。
 
 彼は自分のところの防空壕に入ればいいという。市毛は銀行の支店長だったが、検査で丙種合格だったため徴兵を免れていた。妻と子を疎開させ、現在は一人暮らしをしているという。
 
 市毛は防空壕を貸してくれるだけではなく、男手が必要なことがあれば二人の手助けをしてくれた。
 
 そんな中、里子の伯母、瑞枝(富田靖子)が空襲に遭い避難してくる。瑞枝は家族の中で一人だけ生き残り、憔悴していた。
 
 里子は市毛に家に風を通してくれないかと頼まれ、合鍵を渡される。興味本位で覗いた寝室には、敷きっぱなしの布団が。里子はそれを片付けるが、帰宅してきた市毛に見られてしまう。
 
 里子は出すぎたことをしたと謝るが、これをきっかけに二人は惹かれあっていく。
 
 神社の境内で親しげに話していた里子と市毛は、通りかかりのお婆さんに叱られてしまう。それだけでなく蔦江も市毛さんに気を許さないようにというのだった。
 
 しかしトマトを分けてあげるため彼を訪ねた里子は、思わず体を重ねてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 荒井晴彦
 

【出演俳優】

 
 二階堂ふみ
 長谷川博己
 工藤夕貴
 富田靖子
 利重剛
 上田耕一
 石橋蓮司
 奥田瑛二
 
 
 

【動画】

 
★この国の空★【openload】
★この国の空★【openload】
 
★この国の空★【youtube】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧