【泣ける映画】「カラフル」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「カラフル」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「カラフル」は、2010年公開された日本のアニメ映画です。森絵都の同名小説を基に、ある罪を犯した魂が、もう一度人生をリスタートする様を描いたファンタジー・ドラマ。監督は「河童のクゥと夏休み」で知られる原恵一で、脚本には、「百日紅?Miss HOKUSAI?」で監督とタッグを組んだ丸尾みほが参加しています。声の出演は冨澤風斗、や女優の宮崎あおい、南明奈が参加しています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 あの世である天上界と、この世である下界の境をさまよう魂。そんな魂に話しかける声があった。それはプラプラ(声:まいける)という名の、さまよう魂を導く役割を持つ天使であった。プラプラは、ある魂に語りかけ、「もう一度やり直すチャンスを与えます」と言う。
 
 このさまよっていたぼくの魂は、生前に過ちを犯していたという。ぼくの魂は、プラプラによって下界に戻され、まさに息を引き取ったばかりの肉体、中学3年生の小林真(声:冨澤風斗)へと入り、その後、真としての人生がスタートすることになる。自殺をして息を引き取ったはずの真であったが、突然甦ったぼくを見て、彼の家族は騒然とする。
 
 こうして、小林真としての人生を新たにスタートしたぼくの魂であったが、真の家庭環境はあまりいい状態とは言えなかった。
 
 父(声:高橋克実)は存在感がなくて尊敬できないし、母(声:麻生久美子)はフラメンコ教室に通い、そこで指導をしている先生と浮気をしていた。真の兄は弟のできが悪いことに失望していたのか、ぼくへの風当たりが強かった。真は、一体何が原因で自殺したのか、それがわからぬまま、ぼくは学校へ通うことに。
 
 登校したぼくは、真が学校で目立たぬ存在だったことを知る。友達は少なく、もちろんモテない。しかし、周囲はぼくが今までの真と少し変わっていることに気づき始めていた。クラスメイトの唱子(声:宮崎あおい)や、貴重な友人の早乙女(声:入江甚儀)には、真とぼくが少し違うことがバレていたのだ。
 
 そして、その後、ぼくは、真が自殺することになった原因でもある後輩のひろか(声:南明奈)と出会うことになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 原恵一
 

【出演俳優】

 
 冨澤風斗
 宮崎あおい
 藤原啓治
 中尾明慶
 南明奈
 まいける
 入江甚儀
 麻生久美子
 高橋克実
 
 
 

【動画】

 
★カラフル★【mp4up】
★カラフル★【vidstream】
★カラフル★【openload】

 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧