【泣ける映画】「コクリコ坂から」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「コクリコ坂から」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『コクリコ坂から』は、2011年に公開された日本のアニメ映画です。1960年代の横浜を舞台にして、16歳の女子高生が恋や友情を通して成長していく姿をさわやかに描いた青春ドラマです。企画、脚本はスタジオジブリの宮崎駿、監督はその息子である宮崎吾朗が務めています。声の出演は『嘘を愛する女』の長澤まさみ、『追憶』の岡田准一、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1963年の横浜。東京オリンピックを翌年に控え、日本中がにわかに活気立っていた頃。そこに住む16歳、高校二年生の松崎海(声:長澤まさみ)。彼女は朝鮮戦争で亡くなった父を偲び、毎朝旗を揚げるのが日課になっていた。
 
 海の母、良子(声:風吹ジュン)はアメリカへ出張中。彼女は1人で下宿コクリコ荘を切り盛りし、弟や妹だけでなく下宿人たちの世話もこなしていた。
 
 ある日、学級新聞を目にした海は掲載されている詩に注目する。それは「旗を揚げる少女」という詩で、彼女は自分のことを書いた詩なのではと考えたのだ。
 
 海が男子文学部の部室棟カルチェラタンを尋ねると、各部員たちが建物の取り壊しに反対する活動を行なっていた。そこで海は学級新聞を手がける先輩の風間俊(声:岡田准一)と出会う。
 
 2人は急速に親しくなり、海は俊に淡い恋心を抱くようになっていく。海はどうしてもカルチェラタンの取り壊しを認めたくない俊に、建物全体を清掃し学校側へアピールしてはどうかと提案する。
 
 彼女のアイデアは女子生徒たちも巻き込み、皆がこぞってカルチェラタンの大掃除に参加していく。これをきっかけに海と俊の関係はより確かなものになっていく。
 
 一方、コクリコ壮に滞在している北見北斗(石田ゆり子)が旅立つことになり、下宿では送別会が計画されていた。
 
 そこで、海の土産話で話題になっていた俊も送別会に招待しようという話運びになるのだった。だがその当日、海の家族写真を見た俊は激しく動揺してしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 宮崎吾朗
 

【出演俳優】

 
 長澤まさみ
 岡田准一
 香川照之
 柊瑠美
 竹下景子
 石田ゆり子
 風間俊介
 大森南朋
 風吹ジュン
 内藤剛志
 
 
 

【動画】

 
★コクリコ坂から★【mp4up】
★コクリコ坂から★【openload】
★コクリコ坂から★【xstreamcdn】
★コクリコ坂から★【rapidvideo】
★コクリコ坂から★【streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧