【泣ける映画】「シング・ストリート 未来へのうた」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「シング・ストリート 未来へのうた」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『シング・ストリート 未来へのうた』は、2016年に公開されたアイルランド、アメリカ、イギリスの合作映画で、1980年のアイルランドを舞台にして、14歳の少年が恋と音楽を通して成長を遂げていく姿を描いた青春ドラマです。監督は『once ダブリンの街角で』でデビューを飾ったジョン・カーニー。出演はフェルディア・ウォルシュ=ピーロ、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1985年。アイルランド、ダブリン。コナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は14歳の中学生。
 
 彼は父のロバート(エイダン・ギレン)と母のペニー(マリア・ドイル・ケネディ)の口論を背中で聞きながらドアを開け、登校して行く。
 
 1985年のアイルランドは大不況の真っ最中。どの家庭も、その経済状況は苦しく、コナーの家もその煽りを受け、両親はピリピリしっぱなしだった。
 
 すでにロバートは失業し、ペニーが週3日働きに出るパートだけが一家の収入源となっていたのだ。
 
 コニーの兄であるブレイダン(ジャック・レイナ―)は大学を辞めて引きこもり、妹のアン(ケリー・ソーントン)は建築を学びたいと言い出していた。
 
 コナーはこれまで通っていた私立校から公立であるシング・ストリート学校へ転校する羽目になってしまう。
 
 地元の子供が通うシング・ストリートは、予想通り荒れ放題の状況であった。
 
 自己紹介で笑われ、教師には意地悪をされ、不良のバリー(イアン・ケニー)からは早速目をつけられてしまう。
 
 それだけでなく茶色いローファーを履いて行ったコナーは、バクスター校長(ドン・ウィチャリー)に校則違反だと叱られ、靴を取り上げられて、靴下で帰らされることになる。新しい学校での生活は散々なものになりそうだった。
 
 そんなコナーの楽しみは、木曜夜の音楽番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」。これをブレンダンと見るのが唯一の気晴らしになっていた。
 
 その翌日。登校したコニーは再び校長に怒られ、食堂では買ったばかりのパンをバリーに取り上げられてしまう。
 
 それを見ていた同級生のダーレン(ベン・キャロラン)は、うまく立ち回らないとダメだと注意し、手作りの名刺を渡す。
 
 ところが、その日の放課後、コナーは、学校の向かいに住む女性、フィーナ(ルーシー・ボイントン)と運命的な出会いをすることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ジョン・カーニー
 

【出演俳優】

 
 フェルディア・ウォルシュ=ピーロ
 ルーシー・ボーイントン
 マリア・ドイル・ケネディ
 エイダン・ギレン
 ジャック・レイナー
 ケリー・ソーントン
 ベン・キャロラン
 マーク・マッケンナ
 ドン・ウィチャリー
 
 
 

【動画】

 
★シング・ストリート 未来へのうた★【fmovies】
 
【吹替・vidoza1】【2】
【吹替・openload1】【2】
【吹替・streamango1】【2】
【字幕・nico1】【2】【3】【4】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
nbsp;
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧