【泣ける映画】「今夜、ロマンス劇場で」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「今夜、ロマンス劇場で」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 「今夜、ロマンス劇場で」は、2018年に公開された日本映画です。「本能寺ホテル」の綾瀬はるかと「人魚の眠る家」の坂口健太郎を主演に迎え、映画監督を志すひとりの青年と、映画のスクリーンから飛び出したお姫様との切ない恋物語を描いたファンタジー・ドラマです。監督は「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹が、出演は「天気の子」の本田翼、「億男」の北村一輝、「影踏み」の中尾明慶たちが務めています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 とある病院に勤務している看護師の吉川天音(石橋杏奈)は、長くこの病院に入院しているひとりの年老いた男性(加藤剛)が、ふと落とした原稿を拾い集めるのを手伝ってやる。
 
 このとき、この原稿は、かつて映画の助監督をしていた彼が書き残したもので、映画化を望みながらそれが叶わなかったものであることを告げられた天音は、彼に原稿の内容を聞かせて欲しいと彼に告げる。
 
 すると、この老人が遠い昔を思い出すように、一つの物語を彼女に語り始めた。
 
 
 時は1960年。中堅の映画会社で助監督をしていた牧野健司(坂口健太郎)は、助監督して雑用をこなしながら、行きつけの映画館であるロマンス座に足を運んでは大好きな映画を見て気分転換をする日々を送っていた。
 
 そんなある日の夜。いつものように健司がロマンス座を訪れると、突然の嵐が起こり、映画館に雷が落ち、停電が起こる。
 
 そして、映画館に再び電気がつき、目を開けた健司は、ひっくり返るくらいの衝撃を受ける。
 
 さっきまでスクリーンの中にいた、彼が大好きだった映画のヒロインである美雪(綾瀬はるか)が目の前に立っていたのだ。
 
 驚きと戸惑いでうろたえながらも、これまで憧れていた女性の出現に、感動しながら近づいていった健司であったが、美雪は、そんな彼に対し「無礼者」といいながら殴って来た。
 
 しかも、驚いたことに、モノクロの映画のスクリーンから出て来た彼女には色がなく、白黒の状態だったのだ。
 
 美雪の予想外の粗暴さと、色彩がない状態に驚きながらも、彼女を放っておけないと考えた健司は、何とか彼女を自宅へと連れ帰るのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 武内英樹
 

【出演俳優】

 
 綾瀬はるか
 坂口健太郎
 柄本明
 加藤剛
 中尾明慶
 石橋杏奈
 西岡徳馬
 本田翼
 北村一輝
 
 
 

【動画】

 
★今夜、ロマンス劇場で★【gcloud】
★今夜、ロマンス劇場で★【mp4up】
★今夜、ロマンス劇場で★【kshows】
★今夜、ロマンス劇場で★【rebowang】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧