【泣ける映画】「岸辺の旅」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「岸辺の旅」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『岸辺の旅』は、2015年公開の日本映画で、監督は『Seventh Code』や『リアル 完全なる首長竜の日』の黒沢清です。脚本には『夏の終り』の宇治田隆史も参加しています。第68回カンヌ国際映画祭の『ある視点部門』で高い評価を受けた作品で、約3年の失踪期間を経て突然帰ってきた夫が、その妻と人生を遡る旅をする姿を描いたファンタジードラマです。出演は深津絵里、浅野忠信など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 瑞希(深津絵里)は、3年前に夫の優介(浅野忠信)が突然失踪し、それ以来、大きな喪失感を抱えたままになっていた。彼女は、徐々に社会復帰を果たし、今ではピアノの先生の職を得ていた。
 
 そんなある日、彼女の下に、前触れもなく優介が帰ってくることになる。しかし、彼は、瑞希に対して、自分は既に死んでいることを告げるのだった。
 
 優介がいうには、彼は、海ですでに死んでおり、遺体は蟹や魚に食べられてしまっていて、もうないのだということであった。そんな優介は、昔と変わらぬ調子で、ここまで歩いて来たんだと話し、瑞希を混乱させる。
 
 その日はそのまま眠りについた瑞希であったが、翌朝になっても優介は消えることなく存在していた。
 
 混乱している瑞希に、優介は、自分が死んでからここに戻って来るまでに訪れた場所、出会った人を振り返る旅を一緒にしないかと誘う。この旅の目的は、瑞希が優介の帰りを願い、書きためていた写経を燃やし、供養する旅だと言う。それを聞いた瑞希は、優介と一緒に旅に出ることを決意した。
 
 そんな二人が初めにたどり着いたのは、街にある新聞屋、島影(小松政夫)のところだった。以前、優介は新聞屋で働いており、瑞希とともに島影の仕事を手伝うことにした。島影も、既に死んでいると聞いた瑞希は、自分もこの世にいないのではないかという奇妙な感覚に包まれていく。
 
 その後、次の場所を目指して旅を続けていく優介と瑞希であったが、やがて近づいて来るこの旅の終焉は、同時にふたりの別れが訪れることを意味していたのだった…。
 
 
 


 
 

【監督】

 黒沢清
 

【出演俳優】

 深津絵里
 浅野忠信
 蒼井優
 首藤康之
 柄本明
 小松政夫
 村岡希美
 奥貫薫
 高橋洋
 深谷美歩
 岡本英之
 赤堀雅秋
 千葉哲也
 藤野大輝
 松本華奈
 石井そら
 星流
 いせゆみこ
 
 
 

【動画】

 
★岸辺の旅★【9tsu】
★岸辺の旅★【openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧