【泣ける映画】「海炭市叙景」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「海炭市叙景」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『海炭市叙景』は、2010年に公開された日本の映画です。監督は『武曲 MUKOKU』や『私の男』の熊切和嘉。佐藤泰志の同名小説であり、『オーバー・フェンス』や『そこのみにて光輝く』と合わせた函館三部作となる人間ドラマです。出演は『白河夜船』の谷村美月、『永い言い訳』の竹原ピストル、『3月のライオン』の加瀬亮など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 北海道、海炭市。そこで暮らす兄妹、井川颯太(竹原ピストル)と帆波(谷村美月)。二人は幼い頃に両親を亡くし、帆波にとっては颯太が頼りだった。
 
 造船所で働く颯太だったが工場の老朽化が問題となり閉鎖されることに。それに伴い大規模なリストラが起こると噂され、工員たちはストライキを行い、颯太もこれに参加する。
 
 颯太はこれまで船が全てだと言ってきた同僚が昇進を条件にストをやめたことに激怒。暴行事件を起こし、結局真っ先に首を切られてしまう。
 
 そして大晦日の夜、初日の出を見るため颯太と帆波は町にある山へ登っていく。日の出は拝めたものの持ち合わせがなく帆波だけがロープウェイで下山する。歩いて降りると言っていた颯太だったが、彼が下山することはなかった。
 
 海炭市に住む70歳のおばあちゃん、トキ(中里あき)。彼女は市場で野菜を売り、生計を立てていた。家族はおらず、飼い猫のグレと二人暮しをしていた。
 
 ある日、市の職員である工藤まこと(山中崇)が現れ再開発のため立ち退いて欲しいという。二人は予てからの知り合いで、工藤もトキの事情をよく知っていた。トキは立ち退きたくないと言い張り、関係はこじれていく。
 
 町にある寂れたプラネタリウムで働く、比嘉隆三(小林薫)。彼の妻、春代(南果歩)は水商売をしておりいつも派手な服装をしていた。隆三はそれを嫌がり、夫婦の間の関係は冷め切っていた。
 
 一方、ガス会社を父から継いだ牛島晴夫(加瀬亮)は浄水器のセールス、萩谷博(三浦誠己)と町を回っていた。しかし、事業がうまくいかず、しだいに家庭内にも不穏な空気が流れ始めたころ、大きなトラブルが発生することに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 熊切和嘉
 

【出演俳優】

 
 谷村美月
 竹原ピストル
 加瀬亮
 三浦誠己
 山中崇
 南果歩
 小林薫
 大森立嗣
 あがた森魚
 伊藤裕子
 村上淳
 中里あき
 東野智美
 小山燿
 西堀滋樹
 黒沼弘巳
 森谷文子
 
 
 

【動画】

 
★海炭市叙景★【openload】
★海炭市叙景★【streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧