【泣ける映画】「海賊とよばれた男」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「海賊とよばれた男」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『海賊とよばれた男』は、2016年に公開された日本映画です。『永遠の0』で高評価を得た百田尚樹と山崎貴のタッグが再び組まれ、明治から昭和に掛けた激動の時代を舞台として、大胆な発想と抜群の行動力で数々の困難を乗り越え、石油事業の発展に尽力したひとりの男性の姿を描いた実話に基づく人間ドラマです。主演は岡田准一、共演には綾瀬はるか、染谷将太など。岡田准一演じる主人公が、時代に翻弄されながらも国を支える大事業を打ち立てていく姿には思わず感動します。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1945年、東京はB29による攻撃で焼け野原になろうとしていた。迎える迎撃機、「月光」は燃料の石油がなく二機しか飛び立つことができなかった。
 
 それを見ていた60歳、国岡鐵三(岡田准一)は悔しく思いながらも必ず立ち上がることを誓うのだった。そして終戦を迎えてから2日後、彼が経営する国岡商店は戦火を逃れ、社員たちの姿があった。
 
 鐵三は社員一同を前に、無事を喜びながらもこの国を立て直すために石油をより多く取り扱うと宣言。そしてこの場にいる社員を1人もクビにせず、時代に立ち向かって行こうと言う。
 
 設立当初から苦楽を共にしてきた役員の甲賀治作(小林薫)と柏井耕一(野間口徹)は、鐵三の発言に思わず顔をしかめてしまう。この厳しい戦後を誰も切らずにやっていくのは目に見えて困難だった。
 
 だが鐵三はいざとなったら全員で乞食になればいいと、恩人である木田章太郎(近藤正臣)と戦争で散った長谷部喜雄(染谷将太)の写真を見つめる。
 
 国岡商店が石油を取り扱うためには石油配給統制会社、通称石統からの許可が必要だった。しかし鳥川卓巳(國村隼)は過去の因縁から鐵造と取引はしないと突っぱねる。何度頼み込んでも首を縦に振らない鳥川を前に、引き下がるしかなかった。
 
 家に帰った鐵三を家族たちは温かく迎える。彼は1912年、独立起業して間もない頃を思い出していた。27歳だった鐵三は、目下石炭の時代でありながらその先を見据え、必ず石油の時代が来ると確信していたのだ…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 山崎貴
 

【出演俳優】

 
 岡田准一
 吉岡秀隆
 國村隼
 小林薫
 染谷将太
 鈴木亮平
 堤真一
 近藤正臣
 須田邦裕
 飯田基祐
 小林隆
 矢島健一
 黒木華
 浅野和之
 光石研
 綾瀬はるか
 野間口徹
 ピエール瀧
 
 
 

【動画】

 
★海賊とよばれた男★【9tsu】
★海賊とよばれた男★【9tsu】
★海賊とよばれた男★【miomio】
★海賊とよばれた男★【streamango】
★海賊とよばれた男★【streamango】
★海賊とよばれた男★【streamango】
★海賊とよばれた男★【openload】
★海賊とよばれた男★【speedvid】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧