【泣ける映画】「紙の月」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「紙の月」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『紙の月』は、2014年に公開された日本の映画です。監督は『桐島、部活やめるってよ』や『羊の木』で知られる吉田大八です。人気作家、角田光代が手がけた同名作を映像化したもので、契約写真として銀行に勤務するひとりの平凡な主婦が、年下の大学生と知り合い恋に落ちたことをきっかけにして、多額の横領事件を引き起こしていく姿を描いたサスペンス、ラブストーリー。主演は『湯を沸かすほどの熱い愛』の宮沢りえ。共演に『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の池松壮亮など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1994年。主婦の梅澤梨花(宮沢りえ)は夫(田辺誠一)と二人暮し。子供はいなかったが慎ましくも幸せに暮らしていた。
 
 そんな梨花は家計を支えるため「わかば銀行」で契約社員として働いていた。
 
 真面目な梨花は評判が良く、上司の井上(近藤芳正)からも、とても気に入られていた。また、共に働く窓口係の相川恵子(大島優子)や、ベテランの隅より子(小林聡美)とも仲がいい。
 
 満ち足りているはずの梨花だったが、実は夫に不満を抱えていた。目に見える問題があるわけではなかったが、梨花への興味が薄く愛されているという実感が持てなかったのだ。
 
 そんなある日、顧客である平林(石橋蓮司)の孫、光太(池松壮亮)と、偶然街で再会する。まだ大学生だという光太は若く、梨花は彼に惹かれていく。
 
 光太もまんざらではないらしく、二人は人目を盗んで会うようになる。
 
 そんな中、梨花は外回りの帰りに化粧品売り場に立ち寄り、持ち合わせがないことに気づく。そして彼女はとっさに顧客からの預かり金で支払いを済ませてしまう。
 
 この時は後で補填すればいいと考えていたが、光太が学費のために借金をしていると聞かされた梨花は再び預かり金に手をつけるようになる。
 
 500万円を引き出した彼女は、光太にキャッシュで200万を渡し、自身では300万を財布に入れていた。
 
 梨花は、自宅で支店印のコピーを作成し、勝手に顧客の預金を解約できるようにしていた。
 
 その後、夫の上海への出張が決まった彼女は、光太と遊び歩くようになっていく。
 
 ところが、やがてわかば銀行の中では、不自然な金の動きを知った行員たちが疑問を持ち始めることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 吉田大八
 

【出演俳優】

 
 宮沢りえ
 池松壮亮
 平祐奈
 小林聡美
 石橋蓮司
 佐々木勝彦
 天光眞弓
 中原ひとみ
 大島優子
 田辺誠一
 近藤芳正
 
 
 

【動画】

 
★紙の月★【9tsu】
★紙の月★【dramacool】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧