【泣ける映画】「解夏(げげ)」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「解夏(げげ)」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『解夏』は2004年公開の日本映画で、さだまさしの同名の小説『がんばっていきまっしょい』を映画化した磯村一路が、再びさだまさしの同名の短編小説を映像化したものです。「ベーチェット病」という難病に侵された青年が、様々な人たちとの出会いを通じて、生きることへの喜びを噛み締めていく物語です。出演は大沢たかお、石田ゆり子、田辺誠一、柄本明など。ジーンと心に訴えるものが感じられる素晴らしい人間ドラマに仕上がっています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 長崎県、長崎市。高野隆之(大沢たかお)は母の高野聡子(富司純子)と共に、三年前他界した父の墓参りにやってきていた。その5ヶ月前。隆之は東京の小学校で教鞭を執っていた。受け持っていたクラスも皆いい子ばかり、順調そうに思えた日々だったが彼はある日、目に異常を感じる。それでも仕事を続けていたが、違和感やストレスは募っていき、ついに子供たちに襲われるという悪夢を見るまでに。
 
 考えた隆之は医師である幼馴染、清水博信(古田新太)のもと検査を受ける。その結果、徐々に視力を無くしていく難病「ベーチェット病」に侵されていることがわかるのだった。治療法は確立されておらず、投薬で進行を遅らせるだけ。最終的に失明してしまうことは避けられなかった。
 
 隆之は教師をやめることを決意する。楽器の変わり目ということもあり、すんなりとやめることができた。隆之は次に、恩師である朝村健吉(林隆三)のもとへ向かう。健吉に病気のことを報告し、話題は交際中の彼の娘、陽子(石田ゆり子)へと移っていく。教育を学ぶためネパールに留学中の陽子。隆之は彼女に迷惑と心配をかけまいと、関係を解消しようとしていたのだった。
 
 もう東京に未練はないと、隆之は実家がある長崎に帰っていく。視力を失う前に故郷の美しい自然を脳裏に焼き付けておきたかったのだ。そんな彼を、聡子と姉である玲子(石野真子)は温かく迎える。だが、隆之の病状を聞きつけた陽子はネパールから緊急帰国し長崎へやってきてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 磯村一路
 

【出演俳優】

 
 大沢たかお
 石田ゆり子
 渡辺えり
 鴻上尚史
 石野真子
 林隆三
 田辺誠一
 富司純子
 松村達雄
 古田新太
 柄本明
 
 
 

【動画】

 
★解夏(げげ)★【tudou】
★解夏(げげ)★【1】【2】
★解夏(げげ)★【1】【2】【3】【4】

 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧