【泣ける映画】「風に立つライオン」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「風に立つライオン」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『風に立つライオン』は、2015年に公開された日本の映画です。アフリカのケニアを舞台にして、医療ボランティアとして活躍した実在する医師柴田紘一郎の姿を描いた人間ドラマです。さだまさしの楽曲をイメージソースにした作品で、『ラプラスの魔女』の三池崇史がメガホンを取っており、主演は大沢たかお、共演に真木よう子、石原さとみなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 2011年3月。石巻の被災地を訪れた一人の黒人青年は、トウモロコシの種を蒔き「がんばれ…!」と呟く。
 
 1987年、長崎。大学病院で働く、島田航一郎(大沢たかお)は熱意に燃える若き医師。
 
 彼はシュバイツァーに憧れ医師を目指し、人を救うためなら自らを犠牲にする正義漢だった。そんな航一郎には交際している彼女秋島貴子(真木よう子)がおり、結婚を考えるようになっていた。
 
 そんなある時、アフリカのケニアにある研究所から人員募集の連絡が入る。航一郎が務める病院から数名が派遣されることになるというのだ。
 
 航一郎は激しい内戦が起きているケニアに赴き、医療に従事することを決意する。しかし滞在期間は長く、何より身の安全は保障されない環境。話を聞いた貴子は寂しさを抑え、航一郎の背中を押すのだった。
 
 こうして航太郎は同じく医師の青木克彦(萩原聖人)とともにケニアの研究所へ着任する。所長の村上雅行(石橋蓮司)の下、研究をしながら現地住人の治療をするのが主な活動内容だった。
 
 航太郎は言葉の通じない住民たちにも真摯に接し、的確な判断で治療を施していった。そんな中、国境付近の紛争地域、ロキチョキオにある赤十字戦傷病院から応援要請が入る。
 
 航太郎は危険を承知で引き受けることを決意した。村上は無理していくことはないと諭したが、彼は一ヶ月間の任期を引き受けることを決め、要請を承諾する旨を伝えた。
 
 ところが、戦傷病院へやってきた航太郎が目の当たりにしたのは、劣悪な環境と瀕死の子供達、そして日本人看護婦の草野和歌子(石原さとみ)だった…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 三池崇史
 

【出演俳優】

 
 大沢たかお
 石原さとみ
 真木よう子
 萩原聖人
 鈴木亮平
 藤谷文子
 中村久美
 山崎一
 石橋蓮司
 
 
 

【動画】

 
★風に立つライオン★【daily1】【2】【3】
★風に立つライオン★【openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧