【泣ける映画】「鬼畜」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「鬼畜」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『鬼畜』は、1978年に公開された日本の映画です。監督は『砂の器(1974)』を手がけた野村芳太郎。実際の事件を基に書かれた松本清張の小説を原作にして、とても気の弱い一人の男性が、ある日、三人の隠し子を押し付けられ、正気を失っていく様を描いたサスペンスドラマです。出演は『秋刀魚の味』の岩下志麻、『復讐するは我にあり』の緒形拳、『MAZE マゼ』の蟹江敬三など日本映画界を代表する豪華な顔ぶれが揃っています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 埼玉県。小さな印刷所を営む竹下宗吉(緒方拳)は妻のお梅(岩下志麻)と二人、真面目に暮らしていた。
 
 しかし宗吉には秘密があり、7年来の愛人菊代(小川真由美)がいて、宗吉と菊代の間には三人の子供までいた。
 
 そこで、6歳の利一(岩瀬浩規)、4歳の良子(吉沢美幸)、まだ赤ん坊の庄二(石井旬)のため、宗吉はこまめに金を渡していた。
 
 印刷所がうまくいっていた頃はそれで良かったが、経営が傾き始めると宗吉は金を出し渋りはじめる。
 
 菊代はそれに怒り、お梅と暮らす家に乗り込んでくるのだった。家は修羅場となり、宗吉はどちらを取るのかと双方から迫られる。
 
 しかし彼は煮え切らず、菊代は子供達を捨てそのままどこかへ消えてしまう。宗吉とお梅の関係は壊れたまま、三人の子供たちと暮らす事になる。
 
 お梅は菊代の子である三人にとことん冷たく、世話などしようともしなかった。二人の間に子供がいなかったことも、余計彼女の態度をひどくさせていた。
 
 宗吉はお梅と子供達に挟まれ、苦しい生活がより苦しくなっていく。
 
 そんな中、末っ子の庄二は栄養失調が原因で衰弱。帰宅してきた宗吉が見たのは冷たくなりシートに包まれた庄二の亡骸だった。
 
 宗吉はお梅が殺したのだろうと知りながらも、それを言うことができない。お梅はさらに口減らしをしようと、住所のわからない良子を東京へ置き去りにしようと持ちかける。
 
 こうして二人は共謀し、東京タワーへ良子を連れて行くと、そこに彼女を捨ててしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 野村芳太郎
 

【出演俳優】

 
 岩下志麻
 緒形拳
 岩瀬浩規
 吉沢美幸
 石井旬
 蟹江敬三
 穂積隆信
 大滝秀治
 松井範雄
 加藤嘉
 田中邦衛
 江角英明
 桧よしえ
 三谷昇
 大竹しのぶ
 浜村純
 山本勝
 梅野泰靖
 鈴木瑞穂
 鈴木誠一
 松田史郎
 井上博一
 山谷初男
 小川真由美
 
 
 

【動画】

 
★鬼畜★【openload】
★鬼畜★【openload】
★鬼畜★【streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧