【泣ける映画】「さよならミス・ワイコフ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「さよならミス・ワイコフ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『さよならミス・ワイコフ』は、1979年に公開されたアメリカの映画です。監督は『エンテベの勝利』のマーヴィン・チョムスキー、脚本は『マップ・オブ・ザ・ワールド』ポリー・プラットです。公開当時は物議を醸した問題作で、アメリカ中西部のとある保守的な町を舞台にして、30代半ばにして更年期を迎えたひとりの女性教師に訪れた苦悩と旅立ちについて描いた人間ドラマです。主役であるアラフォーの高校教師を『ロザリオの悲しみ』アン・ヘイウッドが演じ、ジョン・ラファイエットなどが脇を支えています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 カンザス州、フリーダム。イブリン・ワイコフ(アン・ヘイウッド)は高校でラテン語を教える教師。
 
 彼女は35歳になっていたが男性経験はなく、同僚のベス(キャロリン・ジョーンズ)らと開くささやかなパーティが楽しみだった。
 
 だがある日を境にワイコフは心身に異常を感じ始める。授業中に気がおかしくなりそうになり、ピアノの演奏を聴いて号泣してしまう。
 
 こうして彼女は周囲の勧めもありニール医師(ロバート・ボーン)の診察を受けることに。実はニールは学生時代の同期で、彼女の憧れの人だった。
 
 しかし、彼の診断は「更年期障害」というもの。35歳のワイコフだったが、処女であることが影響し、更年期の症状が出ているというのだ。
 
 ニールは、ワイコフが性的なものに恐怖を抱えていると考え、精神医科のシュタイナー(ドナルド・プレゼンス)を紹介する。
 
 ワイコフの話を聞いたシュタイナーは、両親の仲が悪かったことでセックスへ恐怖を感じるようになったのではと診断する。
 
 ワイコフは、日々の中でドライバーをしているエド(アール・ホリマン)と知り合うも、彼が妻子持ちであると知りあっさり身を引いてしまう。その様子はシュタイナーの診断もあながち間違っていないように思えた。
 
 そんなある日、学校に残って仕事を続けるワイコフに清掃員のレイフ(ジョン・ラファイエット)が近づいて来る。
 
 レイフは、黒人の短大生で、バイトとして雇われていた。ところが、ある日、彼は、ワイコフの前で突如として自らのズボンを下ろし始めることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
マーヴィン・チョムスキー
 

【出演俳優】

 
 アン・ヘイウッド
 ロバート・ヴォーン
 ドナルド・プレゼンス
 アール・ホリマン
 ジョン・ラファイエット
 ダナ・エルカー
 キャロリン・ジョーンズ
 ドロシー・マローン
 ロニー・ブレイクリー
 ドリス・ロバーツ
 ジョスリン・ブランド
 R・G・アームストロング
 J・パトリック・マクナマラ
 
 
 

【動画】

 
★さよならミス・ワイコフ★【putlocker】
 
【字幕・gyao~2018年2月15日】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧