【泣ける映画】「サイダーハウス・ルール」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「サイダーハウス・ルール」の動画を見る方法!


 
 
 

【映画の概要】

 
 『サイダーハウス・ルール』は、2000年公開のアメリカ映画で、トビー・マグワイアを主演に迎え、とある孤児院で成長した少年が、思春期に孤児院を飛出し、外の世界の人たちと触れることで、成長していく姿を描いた人間ドラマです。監督は『ショコラ』や『ギルバート・グレイプ』のラッセ・ハルストレム、脚本は『ガープの世界』や『ホテル・ニューハンプシャー』のジョン・アーヴィングです。監督の繊細な演出に思わず心惹かれる良作です。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 アメリカ北東部にあるニューイングランド地方。カナダと国境を接する東海岸に面するメイン州の田舎町にあるセント・クラウズにある孤児院で育ったホーマー(トビー・マグワイア)は、成長をするにしたがい、親代わりに自分を育ててくれたラーチ院長(マイケル・ケイン)の仕事を手伝うようになっていた。
 
 助産師をしていたラーチ院長は、助産の仕事を請け負う一方で、当時、法律で禁止されていた中絶処置も行っていた。そんな彼は、豊富な医療知識を持っていて、意に沿わない妊娠をした女性たちが法律で禁じられた中絶を行うために、未熟な産婦人科医の下を訪れ、返って苦しむことになっている現状を憂いていた。
 
 ホーマーがラーチ院長の医療措置に立ち会って彼の補助を行うようになると、彼は院長の医療技術をまるでスポンジが水を吸収するように、どんどん吸収していき、院長もそんな彼を見て、自らの知識と技術を彼に教えていく。
 
 そして、ホーマーが青年になったころには、彼はそこらにいる助産師には負けないほどの知識と技術を得ていたが、院長が中絶処置を行うことに対して彼は異論を持っており、また、院長とは違う道を歩み、自らの居場所を見つけたいという衝動にも駆られるようになる。
 
 そんなある日、キャンディ(シャーリーズ・セロン)と彼女の恋人で軍人のウォリー(ポール・ラッド)が、ホーマーのいる孤児院にやって来る。ふたりは、法律で禁じられ、キリスト教の教えにも反する中絶を行うために、はるばる国境付近の孤児院までやって来ていた。
 
 ホーマーとラーチの処置によって無事手術は終了し、キャンディとウォリーはひと安心する。すると、ホーマーは、まるで閃いたかのように、突然、ふたりについて孤児院を出ていく決意を固めることになる。
 
 ふたりが帰る車に同乗したホーマーは、その後、ウォリーの勧めもあって、彼の実家であるリンゴ農家で働くことにする。そして、農園主から農作業を請け負うボスのミスター・ローズ(デルロイ・リンド)に仕事を教わりながら、リンゴ農園の労働者の宿舎、サイダーハウスでの暮らしを始めることになる。
 
 こうして、サイダーハウスで働くことになったホーマーであったが、やがて彼は、なぜ、ラーチ院長が法律に反してまで中絶処置を続けていたのか、その理由を目の当たりにすることになる。
 
 そして、このときホーマーは、彼の本当の居場所がどこなのかを悟ることになる…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ラッセ・ハルストレム
 

【出演俳優】

 トビー・マグワイア
 シャーリーズ・セロン
 キーラン・カルキン
 ケイト・ネリガン
 マイケル・ケイン
 エリカ・バドゥ
 デルロイ・リンド
 ポール・ラッド
 
 
 

【動画】

 
★サイダーハウス・ルール★【fmovies】
 
【字幕・fc2-1】【2】【3】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 

【音楽紹介】

 この映画に流れるBGM、聞いていると胸がジーンとしてきませんか!?
 BGM音楽を見つけたので、あなたにも紹介しておきますね!
 
 ●SOUNDTRACKS
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧