【泣ける映画】「ジェイソン・ボーン」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ジェイソン・ボーン」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ジェイソン・ボーン』は、2016年に公開されたアメリカの映画です。マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンが、すべての記憶を取り戻し、自身の隠された過去をめぐって新たな敵との戦いに挑む姿を描いたサスペンスアクションで、『ボーン』シリーズの最終章であり、完結編です。監督は『キャプテン・フィリップス』などで知られるポール・グリーングラスで、共演はジュリア・スタイルズ、トミー・リー・ジョーンズなど。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 アメリカ、ヴァージニア州にあるCIA本部。サイバー担当の捜査官であるヘザー・リー(アリシア・ヴィキャンデル)は、ある日、外部からのクラッキングにより極秘情報が盗み出されていると知らせを受ける。
 
 犯人は高度なセキュリティを誇るCIAのネットワークに侵入すると、リーの目の前で次々とファイルをコピーしていった。
 
 逆探知で犯人の居場所を探したリーは、クラッキングが北欧の島アイスランドから行われていることを特定する。
 
 リーは、犯人が潜伏している地域をまとめて停電させ、強制的に、ネットワークへの侵入を止めた。
 
 しかし、かつて最強の暗殺者と言われたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)を生み出したトレッド・ストーン計画やアイアンハンド計画など、極秘かつ重要なファイルはすでに盗み出されていた。
 
 このサイバー事件の犯人は、かつてCIAに勤めていたニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)だった。
 
 ニッキーは盗み出したファイルをある人物に手渡すため、身元が割れるような危険な行動を取っていた。その人物とは、CIAの敵であり、汚点でもあったジェイソン・ボーンであった。
 
 かつて、記憶をなくしたボーンは、自らの出自を知るため、CIAを相手に、長き逃亡と戦いを繰り広げてきた。
 
 だが、愛する人を失い、戦いに疲れた彼は、この時、ギリシャのアテネに潜んでいた。今では地下でひっそりと行われているファイトクラブに出場し、憂さ晴らしをしながら、わずかなファイトマネーを得て暮らしていた。
 
 リーの上司であり、これまでボーンを追ってきたロバート・デューイ(トミー・リー・ジョーンズ)は、リーに盗み出されたファイルとニッキーの身柄を確保するように命じた。
 
 その一方で、ロバートは、同じくエージェントのアセット(ヴァンサン・カッセル)に、ニッキーがボーンと接触することがあれば、二人を抹殺せよと指示することに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
ポール・グリーングラス
 

【出演俳優】

 
 マット・デイモン
 トミー・リー・ジョーンズ
 スティーヴン・クンケン
 アトー・エッサンドー
 ヴァンサン・カッセル
 ビル・キャンプ
 ジュリア・スタイルズ
 リズ・アーメッド
 アリシア・ヴィキャンデル
 ヴィンツェンツ・キーファー
 スコット・シェパード
 
 
 

【動画】

 
★ジェイソン・ボーン★【fmovies】
★ジェイソン・ボーン★【gostream】
 
【吹替・9tsu.com】
【吹替・openload】
【吹替・openload】
【吹替・openload】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧