【泣ける映画】「ジョゼと虎と魚たち」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ジョゼと虎と魚たち」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ジョゼと虎と魚たち』は、2003年公開の日本映画で、田辺聖子の小説を映画化し、車椅子の女の子と平凡な大学生の出会いと別れを描いたラブストーリーです。監督は『金髪の草原』の犬童一心。脚本は『ノーボーイズ、ノークライ』の渡辺あやが務めています。妻夫木聡×池脇千鶴のタッグで送る、切ない × 切ないラブストーリーです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 恒夫(妻夫木聡)は雀荘でバイトをする大学生。特にやりたいこともなく、ノリコ(江口徳子)との関係をなしくずし的に続けていた。ある晩、彼は雀荘の客(SABU、大倉孝二)たちから奇妙な噂を聞かされる。それは、この近所で明け方に謎の老婆が乳母車を押して歩いている、という怪談じみたものだった。客たちはその老婆が赤子のミイラを乗せているだとか、運び屋ではないかなど好き勝手話しを膨らませていた。
 
 恒夫は朝までの夜勤だったため、偶然にも老婆(新屋英子)と遭遇してしまう。坂の上から勢いよく降ってきた乳母車を恒夫が受け止めると、なんと中から包丁が飛び出してくる。乗っていたのは足の不自由な若い女、久美子(池脇千鶴)だった。久美子は老婆の孫であり、原因不明の病で足を悪くしていた。
 
 恒夫は老婆に案内されるまま家に通され朝食を共にする。久美子は自らジョゼと名乗り、老婆が拾ってきた古い本を読むのが好きなのだと話した。恒夫はこれまでで会った誰とも異なる魅力をジョゼに感じていた。
 
 一方、恒夫には大学でも気になる女の子がいた。それは福祉関係の仕事に就こうと考えている香苗(上野樹里)だった。恒夫は香苗との話の種に、ジョゼの話を持ち出すもうまくいかない。それでも彼は気になって、こまめにジョゼのもとを訪れるのだった。
 
 恒夫は国の補助制度を利用して、彼女の家をバリアフリーに改装しようと試みる。しかしある日、突然香苗がジョゼの家にやってきたことから関係がこじれてしまうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 犬童一心
 

【出演俳優】

 
 妻夫木聡
 池脇千鶴
 遠藤雅伸
 藤本鈴子
 森川美恵
 西田シャトナー
 真理アンヌ
 山本浩之
 板尾創路
 森下能幸
 新屋英子
 上野樹里
 イオアナ
 松下孝
 稲尾豊樹
 後藤陽介
 堀広希
 小原弘菜
 菅野莉央
 西本健太朗
 藤原一裕
 江口徳子
 新井浩文
 SABU
 大倉孝二
 荒川良々
 吉田能里子
 宮川真木子
 野元美沙
 藤沢大悟
 陰山泰
 中村靖日
 佐藤佐吉
 森本更紗
 山崎陽子
 井本貴史
 佐野辰徳
 豊泉光市郎
 染谷佳奈
 鈴木由花
 羽鳥伸二
 矢野貴大
 ダニエル
 
 
 

【動画】

 
★ジョゼと虎と魚たち★【streamango】
★ジョゼと虎と魚たち★【streamango】
★ジョゼと虎と魚たち★【streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧