【泣ける映画】「セーラー服と機関銃」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「セーラー服と機関銃」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『セーラー服と機関銃』は1981年公開の日本映画です。監督は『ションベン・ライダー』や『魚影の群れ』など手がけた名匠、相米慎二です。薬師丸ひろ子の代表作の一つであり、社会現象になった作品です。ある日突然ヤクザの組長となった女子高生が、修羅場をかいくぐり成長していく姿を描いたサスペンス、アクションです。共演は渡瀬恒彦など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 高校2年生の星泉(薬師丸ひろ子)は幼い頃に母を亡くし、父親と2人で暮らしていた。しかしその父も交通事故に遭い、泉は一人ぼっちになってしまう。
 
 葬儀の最中、彼女は見知らぬ男が参列しているのを目にする。自宅に帰ると、そこには三大寺マユミ(風祭ゆき)と名乗る女の姿があった。マユミは泉の父から手紙を預かっており、どうやら世話役として寄越されたらしい。
 
 翌日、泉が下校すると黒いスーツの男たちが学校の前に並んでいた。彼女に憧れる男子たち智生(柳沢慎吾)、哲夫(岡竜也)、周平(光石研)は驚きを隠せない。そして葬儀に出席していた男、佐久間真(渡瀬恒彦)が泉に声をかける。車に乗せられた泉はそのまま小さな事務所へ案内される。そこは「目高組」というヤクザの事務所で、佐久間は泉に跡目を継いで欲しい切り出す。
 
 三代目を務めていた星流志(藤原釜足)が退くことになり、血縁者に継がせたいという要望があるのだという。本来であれば泉の父が跡取りとなるはずだったが、事故もあり泉にその役目が回ってきたのだ。
 
 泉は突然のことに思わず拒否するが、佐久間たちは食い下がる。泉は熱意に負け、佐久間のほか政(大門正明)、ヒコ(林家しん平)、明(酒井敏也)をまとめる組長となる。
 
 こうして泉は、佐久間とともに世話になってきた浜口物産社長、浜口(北村和夫)のもとへ挨拶に向かう。しかし浜口は女子高生が組長だと言って笑われてしまう。こうして泉が壮絶な1日を終え帰宅すると、自宅が何者かによって激しく荒らされていた…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 相米慎二
 

【出演俳優】

 
 薬師丸ひろ子
 渡瀬恒彦
 風祭ゆき
 大門正明
 林家しん平
 酒井敏也
 柳沢慎吾
 岡竜也
 光石研
 柄本明
 佐藤允
 北村和夫
 寺田農
 藤原釜足
 円広志
 斉藤洋介
 三國連太郎
 
 
 

【動画】

 
★セーラー服と機関銃★【entervideo】
★セーラー服と機関銃★【streamango】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧