【泣ける映画】「人生は、奇跡の詩」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「人生は、奇跡の詩」の動画を見る方法!


 
 
 

【映画の概要】

 2006年公開のイタリア映画。監督は『ライフ・イズ・ビューティフル』で一躍脚光を浴び、『コーヒー&シガレッツ』にも出演しているロベルト・ベニーニです。イタリアのローマを舞台にして、イラク戦争をきっかけに記憶を失ってしまったある女性とそれを助ける男性の姿をコミカルに描いた物語です。出演はロベルト・ベニーニ、ニコレッタ・ブラスキ、ジャン・レノなどで、映画のジャンルは人間ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 2003年のイタリアのローマ。この街に住むアッティリオ(ロベルト・ベニーニ)は、大学で教壇に立ちながら、詩人としても活動をしていた。そんな彼は、毎晩夢の中に登場するヴィットリア(ニコレッタ・ブラスキ)という女性にぞっこんで、彼女と結婚式を挙げる夢をみては目覚める毎日であった。そんな中、詩人の友人であるフアド(ジャン・レノ)が行なったとある講義で、彼は夢に出てきたヴィットリアと出会うことになる。
 
 夢の中で熱烈に愛し合っていた女性の到来に喜んだアッティリオは、ヴィットリア猛アプローチするが、そんな彼女は、彼をとことん毛嫌いし、避けるようになる。彼女の気持ちを考えることなく、自分勝手に想いを伝え、付きまとってくるアッティリオがうっとうしくて仕方なかったのだ。大学では生徒に慕われ、その評価も高いアッティリオであったが、ヴィットリアからの評価は、まさに最低という状態であった。
 
 そんな中、イラク戦争が近づき、友人のフアドは祖国であるイラクへ帰ろうとしていた。ヴィットリアは先にイラクに入国し、フアドの伝記を書き進めていた。そんなある晩、アッティリオの電話が鳴り、連合軍の空爆により、ヴィットリアが重傷を負ったとの知らせが入ることになる。
 
 愛する人に訪れた危機に、アッティリオは、すぐさまイラクへと旅立ったものの、イラクにやってきたアッティリオが目の当たりにしたのは、劣悪な環境下にあるイラクの姿であった。
 
 ヴィットリアが収容されている病院は、薬も設備もまったく不足している状態で、そんな病院の中で、ヴィットリアは危篤状態に陥っていた。
 
 脳水腫にかかり、治療薬がなければあと4時間の命であることを知ったアッティリオは、ヴィットリアを救うため、何とか薬を手に入れようと奔走するのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 ロベルト・ベニーニ
 

【出演俳優】

 ロベルト・ベニーニ
 ニコレッタ・ブラスキ
 ジュゼップ・ウンガレッティ
 ユルスナール
 チアラ・ピーリ
 アナ・ピーリ
 エミリア・フォックス
 ジャンフランコ・ヴァレット
 ジャン・レノ
 トム・ウェイツ
 エウジュニオ・モンターレ
 ボルヘス
 
 
 

【動画】

★人生は、奇跡の詩★【popcorn】
★人生は、奇跡の詩★【tenieson】
 
【字幕・fc2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧