【泣ける映画】「戦場のメリークリスマス」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「戦場のメリークリスマス」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『戦場のメリークリスマス』は、1983年に公開されたイギリスと日本の合作映画です。太平洋戦争下のインドネシアのジャワ島を舞台にして、日本兵やイギリス兵、そして捕虜たちが、極限状態にある中で、心を通わす姿を描いた人間ドラマです。監督は『愛のコリーダ』や『太陽の墓場』の大島渚。先日、惜しまれながらもこの世を去ったデヴィッド・ボウイが出演したことで、再び話題になっている作品です。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1942年、インドネシアの首都が存在するジャワ島の山岳地帯レバクセンバタ。ここには日本軍の捕虜収容所があった。
 
 当時、ジャワ島は日本軍が支配しており、収容所にはアメリカ兵を始め、西洋人の捕虜約600名が捕らえられていた。
 
 しかし、捕虜たちは、ジュネーブ条約で守られた存在でもあり、彼らを監視する日本兵たちとの間には、日常的に会話を交わすこともあった。
 
 特にイギリス軍の中佐であるジョン・ロレンス(トム・コンティ)は、日本語を理解できることもあって、捕虜たちの間でリーダー的な存在となっていた。
 
 そんなある日、朝鮮人軍属のカネモト(ジョニー大倉)が、オランダ人捕虜を犯したという事件が発生する。
 
 男性ばかりの戦地では、このような事態は珍しいものではなかったが、ハラ軍曹(北野武)は、カネモトに対し、「責任を取って割腹せよ!」と迫った。
 
 しかし、騒ぎを聞いて事態を知ったヨノイ大尉(坂本龍一)は、軍曹をなだめ、カネモトの処分は大尉に委ねられることになる。
 
 わずかな日本兵で治められるこの収容所は、ロレンス、ハラ、ヨノイこの三人の絶妙なバランスによって、平穏が保たれていた。
 
 ところが、そんなある日、この収容所にイギリス軍の少佐であるジャック・セリアズ(デヴィッド・ボウイ)が収容されたことで、このバランスが乱れ始めることになる。
 
 美しい金髪に左右で異なった色の瞳。セリアズを初めて見たヨノイは、彼の美しさに魅せられてしまう。
 
 決して男色ではないヨノイであったが、自らの中に突如沸き立った言葉にできない感情に、その気持ちを整理することができなかった。
 
 ヨノイ大尉は、武道の稽古に打ち込んだ後、カネモトの処刑を言い渡す。
 
 ところが、カネモトの処刑が行われた瞬間、彼に犯されたはずの捕虜が舌を噛んで命を絶った。彼らは愛し合っていたのだ。
 
 二人の関係が判明し、収容所内に衝撃が走る中、ヨノイは、カネモトと舌を噛んで命を絶ったオランダ兵に黙とうをせよと、捕虜たちにも命じるが、彼らがヨノイの命令を聞かなかったことから、罰として48時間の絶食を言い渡す。
 
 そんな中、無線機を隠し持っていたセリアズとロレンスは、独房に入れられることになるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 大島渚
 

【出演俳優】

 
 デイヴィッド・ボウイ
 トム・コンティ
 ジャック・トンプソン
 坂本龍一
 北野武
 ジョニー大倉
 室田日出男
 内田裕也
 三上寛
 戸浦六宏
 金田龍之介
 
 
 

【動画】

 
★戦場のメリークリスマス★【fmovies】
 
【字幕1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧