【泣ける映画】「桜ノ雨」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「桜ノ雨」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『桜ノ雨』は、2016年に公開された日本の映画です。ニコニコ動画で発表された初音ミクを使用した楽曲が小説になり、これが人気を博したことから実写映画化されたもので、合唱コンクールで金賞を狙う合唱部の高校生たちの悲喜交々を描いた青春群像劇です。監督を務めたのは『天使のいる図書館』や『リュウグウノツカイ』で知られる新鋭気鋭のウエダアツシ。『未成年だけどコドモじゃない』の山本舞香がヒロインを演じています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 とある海辺の町。そこで暮らす遠野未来(山本舞香)は音浜高校に通う高校二年生。
 
 未来は内気な性格で、面と向かって意見を言うのが苦手だった。彼女は自分に自信がなく、何かできることがないかと探していた。
 
 そんなある日、未来は音楽室から聞こえてくるピアノの音を耳にする。気になって覗いてみるとそこには三年生の桜音ハル(浅香航大)の姿があった。
 
 ハルは、合唱部の部長を務めており、興味があるなら入部してみればと声をかけてくる。しかし未来は自分がオンチだと思っており、興味はあったもの躊躇してしまう。
 
 ハルは無理に参加することはないというも、未来は思いきって入部を決意する。ハル曰く、合唱は人を楽しませるもので、まず自分が楽しまないといけないという。こうして未来の部活が始まった。
 
 顧問の高田芽衣子(田畑智子)の指導の下、未来たちは放課後の練習に励む。
 
 初めは大きく歌えなかった未来もしだいに照れがなくなり、純粋に歌を楽しめるようになっていった。
 
 そして、しだいにハルに対し憧れとは違う感情を抱くようになる。まだ恋をしたことがない彼女はそれがなんなのかわからず戸惑ってしまう。
 
 ハルは未来にもっと感情を出していいよ、と言うが、まだ彼を前にして自分をさらけ出すことができない。
 
 部活ではハルが作曲した「桜の雨」を歌い、未来も親友の鹿島友梨(三浦透子)もその曲が大好きだった。
 
 あっという間に未来が入部してから一年が経ち、合唱部には新たに新入部員が加わっていた。
 
 そして、三年の引退とともに高田は高校を去ることになるのだが…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ウエダアツシ
 

【出演俳優】

 
 山本舞香
 浅香航大
 広田亮平
 久松郁実
 三浦透子
 井上由貴
 中村大樹
 きそひろこ
 田畑智子
 奥貫薫
 
 
 

【動画】

 
★桜ノ雨★【daily1】【2】
★桜ノ雨★【daily1】【2】
★桜ノ雨★【openload】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧