【泣ける映画】「自虐の詩」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「自虐の詩」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『自虐の詩』は2007年公開の日本映画です。監督は『真田十勇士』や『人魚の眠る家』を手がける堤幸彦です。業田良家の四コマ漫画を原作に、中谷美紀演じる不幸なヒロインと阿部寛演じるチンピラヤクザとの奇妙な愛を描いたコミカルな人間ドラマです。共演には『土竜の唄』の遠藤憲一、『釣りバカ日誌』シリーズの竜雷太など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 森田ゆきえ(中谷美紀)は幼い頃から不幸ばかり。彼女は元ヤクザの葉山イサオ(阿部寛)と交際しているが、飲んでケンカばかりのイサオに振り回され、今日も警察に頭を下げていた。
 
 しかし、当のイサオは悪びれる様子もなく、霊安室で寝こけていた。イサオはゆきえの給料を盗み、料理を作ってもらってもちゃぶ台をひっくり返す。そんなダメ男でも、ゆきえは彼を愛していた。
 
 ある日、喫茶店でたむろしていたイサオは寒空の下新聞配達をするゆきえの姿を見てしまう。彼はとっさに新聞で顔を隠しごまかしたが、さすがに良心が痛んだ。
 
 帰ったイサオは明日から仕事をすると宣言。ゆきえは大喜びでお弁当を作り、イサオを送り出すのだった。しかし、これまでまともに働いたことのないイサオは簡単な交通整理もうまくできない。
 
 そして通りがかった昔のヤクザ仲間にゆきえのことを悪く言われ、彼は逆上してしまう。こうしてゆきえは再び警察に頭を下げ、イサオを連れ帰る。
 
 そんな中、大阪で組を率いる組長(竜雷太)が現れ、イサオをスカウトしたいという。実はイサオの父は有名なヤクザで、イサオはちょっとした有名人なのだった。彼はカタギの生活がうまくいかず、再び極道へ戻ることも考えていた。
 
 一方、ラーメン屋でも働くゆきえは店のマスター(遠藤憲一)から想いを寄せられている。その時、刑に服していたはずのゆきえの父、家康(西田敏行)が店のトイレから現れる。
 
 そこへパチンコで勝って上機嫌になったイサオが店になだれ込んで来ることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 堤幸彦
 

【出演俳優】

 
 中谷美紀
 阿部寛
 遠藤憲一
 カルーセル麻紀
 ミスターちん
 金児憲史
 蛭子能収
 島田洋八
 松尾スズキ
 岡珠希
 丸岡知恵
 Mr.オクレ
 佐田真由美
 アジャ・コング
 斉木しげる
 竜雷太
 名取裕子
 西田敏行
 
 
 

【動画】

 
★自虐の詩★【miomio】
★自虐の詩★【pandora】
★自虐の詩★【openload】
★自虐の詩★【youtube】
★自虐の詩★【youtube】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧