【泣ける映画】「青春の殺人者」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「青春の殺人者」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『青春の殺人者』は、1976年に公開された日本映画です。中上健次の小説『蛇淫』を題材にした作品で、衝動的に父親を殺してしまったひとりの青年とその彼女の姿を描いたクライムドラマです。数々のピンク映画で助監督を務めた長谷川和彦がメガホンを取り、出演は『相棒』シリーズの水谷豊、『蜩ノ記』の原田美枝子、『しゃぼん玉』の市原悦子など。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 千葉の空港近くにあるスナック『キャサリン』。22歳の斉木順(水谷豊)は、父(内田良平)と母(市原悦子)から店を任され雇われ店長をしていた。
 
 店では順の彼女である常世田ケイ子(原田美枝子)が働いていた。彼女は左耳が聞こえず、中学生の頃イチジクを盗んで見つかった際に叩かれたのが原因だと言う。
 
 ある日、順は両親から車を取り返すため実家へ向かう。しかし、それはケイ子と離れさせようとする親の罠だった。
 
 母は、あなたは騙されていると嘆き、父は別れなければ店を辞めてもらうという。しかし、スナックを始めるにあたりケイ子を連れてきたのは父自身だった。
 
 順は次第に追い詰められていき、思わず手にしていた包丁で父を刺してしまう。部屋に戻ってきた母は驚愕するも、通報しようとする順を止める。
 
 母は、これは家庭内の問題なのだから家族で解決しなければと持論を展開し、店を売って地方に逃げようと言う。そればかりか自分が順の妻のふりをすると言い始め、下着姿で彼に迫っていく。
 
 順は母ともみ合いになり、最後には包丁で彼女を刺殺してしまう。どうすればいいのかわからなくなった順は、ケイ子に別れを告げ、一人死体の始末に臨む。
 
 だが心配したケイ子は様子を見にきてしまい、結局彼女も手伝うことに。そして順は毛布でくるまれた死体を海に遺棄するため、ケイ子とともに海へ向かう。
 
 その後、順は、もう一度だけ真面目に働いてみようと思い立ち、再び店へ向かうことに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 長谷川和彦
 

【出演俳優】

 
 水谷豊
 内田良平
 市原悦子
 原田美枝子
 白川和子
 江藤潤
 桃井かおり
 地井武男
 高山千草
 三戸部スエ
 
 
 

【動画】

 
★青春の殺人者★【pandora】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 

字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!

↓     ↓     ↓

★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★

 
 
 

 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧