【泣ける映画】「ダイアナ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「ダイアナ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『ダイアナ』は2013年に公開されたイギリスの映画です。監督は『es[エス]』で鮮烈なデビューを果たし、『ヒトラー 最期の12日間』などで話題を呼んだオリヴァー・ヒルシュビーゲルで、主演はナオミ・ワッツです。20歳で英国王室に嫁ぎ、1997年8月31日に交通事故でこの世を去った元英国皇太子妃ダイアナに焦点を当て、英国皇太子と離婚した後にひとりの女性として、新たな人生を歩み始めた彼女の輝きや苦悩を描いた人間ドラマです。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 1995年。イギリスの首都ロンドン。皇太子である夫のチャールズと別居をした英国皇太子妃ダイアナ(ナオミ・ワッツ)は、ケンジントン宮殿に、ひとりで暮らしていた。
 
 そんなダイアナも、子供たちとも離れ離れになって、すでに三年が経とうとしていた。
 
 孤独な日々を送る中、ダイアナは、友人のウーナ・トッフォロ(ジェラルディン・ジェイムズ)の夫が病に倒れたとの知らせを受ける。
 
 ウーナと共に病院へ向かったダイアナは、この病院で主治医のハスナット・カーン(ナヴィーン・アンドリュース)と出会うことになる。
 
 ハスナットは、パキスタン出身の心臓外科医であった。ダイアナは、誠実かつ、医師として確固たる自信を持っていたハスナットと何度か会話をしているうちに、しだいに彼に惹かれていくようになる。
 
 後日、再び顔を合わせた二人は、連絡先を交換し、しだいにその距離を縮めていった。
 
 そして、ある日、ダイアナはハスナットを宮殿に招くが、彼はパパラッチに狙われることを嫌い、変装してダイアナの下へ通っていた。
 
 この年の秋。ハスナットと過ごすことで、しだいに自信を取り戻したダイアナはBBCのインタビュー番組に出演し、チャールズがしてきた不貞の数々、それによって負った心の傷を暴露する。
 
 ダイアナは、国民に向けて彼女の苦しみを訴えたが、その行為に対する評価は賛否が分かれることになる。英国皇室の歴史の中で、ダイアナのような皇太子妃は異質な存在だった。
 
 そんな中、ダイアナは、唯一、彼女を陰ながら支えてくれるハスナットとの逢瀬を重ねていく。
 
 ファストフード店で落ち合い、ハスナットを車の後部座席に潜ませて宮殿に帰ることもあった。
 
 そして、やがて二人が知り合ってから1年が過ぎようとしたある日、ダイアナはついにチャールズと離婚する。
 
 このことで国内外に波紋が広がる中、彼女は皇室を離れ、ひとりの女性として新たな人生を歩み始めることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
 

【出演俳優】

 
 ナオミ・ワッツ
 ナヴィーン・アンドリュース
 キャス・アンヴァー
 チャールズ・エドワーズ
 ダグラス・ホッジ
 ジュリエット・スティーヴンソン
 ジェラルディン・ジェイムズ
 
 
 

【動画】

 
★ダイアナ★【123hulu】
★ダイアナ★【123movies】
 
【吹替・fc2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧