【泣ける映画】「トランスアメリカ」の動画を見る方法!

【涙腺崩壊】泣けるおすすめ映画・無料動画名作選!

このブログでは「泣けるオススメ映画」を無料で見られる動画サイトを紹介していきます。海外映画(洋画)、日本映画(邦画)、アニメ、恋愛映画、青春映画など、ジャンルはこだわりませんが、「泣ける映画」というテーマに合った映画をいろいろと紹介していきたいと思います。

【泣ける映画】「トランスアメリカ」の動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 
 『トランスアメリカ』は、2006年に公開されたアメリカの映画です。今作でデビューとなるダンカン・タッカー監督が、いわゆる性同一性障害に関するLGBTをテーマにして、女性の心を持ちながらも男性の体で生まれてきた主人公の葛藤をユーモラスに描いた人間ドラマです。日本ではあまり注目されなかったもののフェリシティ・ハフマンが、女性としての心を持ちながら男性として生まれてきた主人公の葛藤を演じ、共演は『ヴァンパイア』や『フローズン』のケヴィン・ゼガーズが出演しています。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

 
 アメリカ西海岸の街、ロサンゼルス。この街で、一人で暮らすブリー(フェリシティ・ハフマン)は、トランスセクシャルとして女性になるための手術を控えていた。
 
 そんなある日、ニューヨークの拘置所から彼女の下に連絡が入り、トビー(ケヴィン・ゼガーズ)という青年が父親を探しているとの一報を受ける。
 
 実は、かつてブリーは、男性として生活していたとき、たまたま関係を持った女性がいたのだ。
 
 突然入った連絡が、自分がまったく知らない間に生まれていた息子からのものであると知り、ブリーは動揺を隠せずにいた。
 
 このことを、普段相談しているセラピストのマーガレット(エリザベス・ペーニャ)に打ち明けると、そんな状態で手術を受けさせられないと書類へのサインを渋られてしまう。
 
 彼女は、仕方なく手術費用を取り崩し、トビーの身元を引き受けるためにニューヨークまで出向くことにした。
 
 ニューヨークに着いた彼女は、保釈金を払い、トビーの身元を預かることになる。
 
 しかし、トビーは、コンサバティブな外見をした彼女をボランティアのおばさんだと勘違いしていた。
 
 わざわざ、実は自分が父親で今は訳あって女性の格好をしている、状況を説明するのは面倒であったことから、彼が勘違いしているのを幸いと考え、彼女は説明をしなかった。
 
 トビーは、かなり素行が悪いようで、生活のために男娼をしているという。ブリーは、そんな息子を放って置けず、どうにかできないか、いろいろと思案をしていた。
 
 その後、トビーの継父がアメリカ中東部に位置するケンタッキー州の町カクリーンに住んでいることを知った彼女は、彼を継父の下に送り届けることにする。
 
 そして、行きたくないと抵抗する彼を騙し、強引に継父に引き合わせたトビーであったが、そこで、彼女はトビーが継父から性的虐待を受けていたことを知ることに…。
 
 
 


 
 

【監督】

 
 ダンカン・タッカー
 

【出演俳優】

 
 フェリシティ・ハフマン
 ケヴィン・ゼガーズ
 グラハム・グリーン
 キャリー・プレストン
 エリザベス・ペーニャ
 フィニュラ・フラナガン
 バート・ヤング
 
 
 

【動画】

 
★トランスアメリカ★【fmovies】
 
【吹替・fc2】
 
 
 

【無料視聴する際の注意点】

 
 字幕・吹替え動画を見る際の注意点をまとめました!
      ↓     ↓     ↓

   ★字幕・吹替動画閲覧時の注意点★
 
 
 


 
 
 

 

この記事に関連する記事一覧